公益社団法人東京都看護協会に寄せられた新型コロナウイルス感染症に関するお問い合わせを
Q&Aにしました(看護職対象)。随時更新いたしますので、ご参照ください。

 

Q1.

  • 新型コロナウイルス 感染症の患者が入院する病室の準備はどうしたらいいですか?

 

A1.

  • 個室で隔離する場合は、病室入り口に入室時に個人防護用具(PPE)を着用するよう表示をしましょう
  • 病室の入り口にPPEの着脱手順を掲示しても良いです。手指消毒薬も準備しましょう。
  • 病棟の複数の部屋をまとめて隔離エリアを作る場合は、色付き養生テープなどを廊下に貼るなどの工夫をするとわかりやすいです。(例:赤テープ…患者区域、緑テープ…清潔区域)その際も患者区域の入り口にPPE着脱する場所を決めましょう。
  • また、感染の拡大を防ぐために、感染区域の汚物・医療廃棄物・リネンの搬送動線をあらかじめ決めておくことが重要です。

 


 

Q2.

  • 新型コロナウイルス感染症の患者に使用した物品の取り扱いはどうすればいいですか?

 

A2.

  • 複数の患者に使用する聴診器、体温計などの医療機器、筆記用具などは、使用後毎回アルコールなどで消毒して次の患者に使用すればいいのですが、毎回消毒することは難しいので患者専用として使用することをお勧めします。
  • 複数の患者の元で使用するワゴン等は病室内に持ち込まないようにしましょう。病棟の複数の部屋をまとめて隔離エリアを作る場合には、患者エリア専用のワゴンを準備し、清潔エリアに持ち出さないようにして使用しましょう。
  • 患者エリアでメモした紙や、紹介状などの紙も持ち出さない方がいいのですが、どうしても持ち出す必要がある場合はクリアファイルに入れ外側をアルコールで拭いて持ち出してください。

 


 

Q3.

  • 陰圧室がありません。個室で対応する場合、換気はどのようにすればよいですか

 

A3.

  • 感染者を収容する病室・居室は、陰圧室でなくても構いません。空調の換気は止めずに、空調の換気が1時間に6回設定されているかどうか、施設課などで確認してください。換気回数が少ない場合は、窓を開け換気しましょう。
  • 病室の広さ等にも関わるため窓を開ける時間の推奨はありませんが、「短時間だったら意味がない」というわけではないので、定期的に換気し、吸引などの処置を行った後はその都度換気しましょう。

 


 

Q4.

  • 夜勤時の業務分担について、新型コロナウイルス 感染症の患者担当看護師はその他の業務をしてもよいのか?

 

A4.

  • 手指衛生を徹底し、防護用具を着てケアを行ない、患者に使用する物品や文房具など物品などの共有がなければ他の業務をしても良いと思います。

 


 

Q5.

  • 新型コロナウイルス 感染症の患者を担当する看護師は、休憩や記録などで、他の職員と一緒に過ごしてもよいのか?

 

A5.

  • 新型コロナウイルス 感染症の患者を担当する看護師であっても、対策を徹底し患者に使用した物品や文房具などをナースステーションに持ち込まなければ同じ場所で記録しても問題ありません。しかし現在は新型コロナウイルス感染症が流行しており、スタッフ自身が感染している可能性も十分あるため、スタッフが発症してしまった時のリスクも考慮する必要があります。話す時はマスクを着用し、食事の時はマスクを外してしまうので休憩時間をずらしたり、唾が飛ばない距離を取るようにしてください。

 


 

Q6.

  • 空気清浄機の効果はありますか?

 

A6.

  • 一般の空気清浄機には感染予防の効果は期待できないと言われています。
  • 新型コロナウイルス感染症の対策としては1時間に6回以上換気されることが望ましいと言われていますので、病室の換気回数を確認し、換気が足りない場合や吸引などを行った時は窓をあけ換気行うようにしましょう。

 


 

Q7.

  • 新型コロナウイルス感染症疑いの患者を診察する外来の清掃について。床の消毒は必要ですか?

 

A7.

  • 新型コロナウイルス感染症疑いの患者の診察後でも床は通常通りの清掃で問題ありません。床の消毒は必要ありません。患者の手が触れるところ(手すり、ドアノブ、机など)を定期的にアルコールなどで消毒しましょう。