会員特典

ナースウォッチなどの会員様特別価格のご案内

NEW!会員特典のご案内

【クラスフォーティーン】
KLASSE14の腕時計を東京都看護師協会会員様特別価格にてご用意いたしました。また、K14モデルをナースウォッチにし、会員様限定で送料価格相当にてご提供いたします。

お申し込みは 会員マイページ から。
会員特典はこちら

 

看護協会

【更新】図書室休室のお知らせ

緊急事態宣言発令の延長を受けて図書室も感染症拡大防止のため、3月7日(日)まで、

以下の日程を臨時休室いたします。

【臨時休室日】

2月18日(木)
2月26日(金)

※3/4(木)および3/5(金)は蔵書点検のため終日閉室とさせて頂きます。

詳細は図書室カレンダーもあわせてご確認願います。

※お問い合わせはtosho@tna.or.jpまでメールにてお願い致します。

災害支援ナース

災害発生に関する報告書-第(2)報(福島県沖を震源とする地震)

2021年2月16日 16時00分現在
災害発生に関する報告書-第2報

看護協会

緊急企画 医療従事者のための新型コロナウイルスワクチンセミナー 開催のお知らせ

新型コロナウイルスのワクチン接種に関して、接種スケジュールが当初の予定より遅れていますが、医療従事者のワクチン接種は最優先され、2月中旬にはワクチン接種が開始になる見込みです。その後、高齢者やその他の国民にワクチン接種が開始になります。日本では、新型コロナウイルスのワクチンを接種するのは初めてのため、効果や副反応に関して、不安に思う方が多いのではないかと思います。
そこで、国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 国際感染症センターのご協力を得て、新型コロナウイルスのワクチンだけでなく、ワクチンに関する基本について、改めて確認し新型コロナウイルスのワクチン接種に備えていただくためにワクチンセミナーを企画いたしました。是非、ご参加ください。

 

【主 催】:公益社団法人 東京都看護協会
【共 催】:国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 国際感染症センター

開催日時:令和3年2月27日(土) 13時00分~16時30分
費  用:無 料
定  員:先着 200名 1000名(但し、1施設2名迄)
対  象:医療従事者(医師・薬剤師・看護師 等)
申込期間:令和3年2月15日(月)~2月24日(水)
申込方法:①1施設2名まで(お申込の際、勤務先を必ずご記入ください)。
     ②Zoomでの開催になりますので、インターネット環境のある方、Zoomでの受講が可能な方とさせていただきます。

 

お申し込みはこちら から

 

《プログラム》  ※ 一部録画による講義となります。質問等できない場合がありますので、ご了承ください。

13:00~13:10  挨拶(東京都看護協会 会長 山元恵子)

13:10~13:40  予防接種の基礎(東京都看護協会 危機管理室アドバイザー 堀 成美 先生)

13:40~14:10  予防接種と医療安全(国立国際医療研究センター 中本 貴人 先生)

14:10~14:40  ワクチン接種とコミュニケーション(新潟大学 齋藤 あや 先生)

14:40~14:50  休憩

14:50~16:20  新型コロナウイルスのワクチン(国立国際医療研究センター  氏家 無限 先生)

16:20~16:30  質疑応答・まとめ(東京都看護協会危機管理室)

 

詳細はこちら

災害支援ナース

災害発生に関する報告書-第(1)報(福島県沖を震源とする地震)

2021年2月15日 10時30分現在
災害発生に関する報告書-第1報

看護協会

新型コロナウイルス感染症見舞金支給申請書について

公益社団法人東京都看護協会では、新型コロナウイルス感染症に感染したことにより就業不能となった当協会会員看護職への見舞金支給制度を新設しました。この度、申請書の準備が整いましたのでご案内いたします。

当協会会員である看護職の方が、新型コロナウイルス感染症に感染したことにより就業不能となった場合、所定の申請書にしたがって申請していただくことで、見舞金を支給します 。

申請希望者は、申請書を各種ダウンロードから入手し、郵送にてお手続きください。

 

看護協会

令和3年度 前期「子育て支援協力員」の募集について

令和3年度前期「子育て支援協力員」を募集しております。

令和3年4月より「両親学級」の名称を「プレファミリー講座」に改め実施することとなりました。詳細につきましては、貴施設宛に既にお送りしております募集のご案内をご覧ください。

申込締切:令和3年2月28日(日)

<問合わせ先> 東京都看護協会 事業部 

        TEL:03-6300-5398

        E-mail:kosodate@tna.or.jp

看護協会

新型コロナウイルス感染症の看護職員応援派遣 LOVE POCKET FUND[日本財団助成事業]報告

公益社団法人東京都看護協会は、当協会が実施している新型コロナウイルス感染症における地域の医療提供体制確保のための緊急措置に対し、「LOVE POCKET FUND」(愛のポケット基金)から助成を受けています。
この基金は、新しい地図の3人、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんと日本財団が共同で立ち上げた基金で、2020年7月21日に当協会への助成が決定したものです。
この基金より、2020年12月23日~2021年1月12日までの看護師広域派遣に対して「特殊看護派遣手当」が支給されました。
詳細はニュースリリースをご覧ください。

 

引き続き、新型コロナウイルス感染症感染拡大を防止するため、さまざまな支援に全力で取り組んで参ります。

看護協会

令和3年度 認定看護管理者教育課程の募集要項アップロードのお知らせ

令和3年度 認定看護管理者教育課程の募集要項をアップロードしました。

詳しくはこちらをご参照ください。

なお、申込期間は 令和3年3月4日(木)~ 3月18日(木)となっております。

看護協会

新型コロナウイルス感染症の看護職員応援派遣について感謝状を受領しました

公益社団法人東京都看護協会は、2020年12月23日~2021年1月12日の期間、北海道旭川市の医療機関へ新型コロナウイルス感染症対応の看護職員3名を応援派遣したことにより、2021年1月22日(金)感謝状が授与されました。
詳細はニュースリリースをご覧ください。

引き続き、新型コロナウイルス感染症感染拡大を防止するため、さまざまな支援に全力で取り組んで参ります。

 

官公庁のお知らせ

東京都福祉保健局 アドバンス・ケア・プランニング取組推進研修のご案内

東京都福祉保健局よりアドバンス・ケア・プランニング取組推進研修のご案内がございました。

ACPに関心のある病院の医療・介護関係者および地域の医療・介護関係者の方向けの研修です。

ご興味がある方は、ぜひご応募ください。

詳しくはこちら をご覧ください

看護協会

カシオ計算機株式会社から看護師電卓が寄贈されました

この度、カシオ計算機株式会社様から、職種に特化した計算式をプリセットし計算業務の負担を軽減する“専用計算電卓”の看護師電卓『SP-100NU』を、1,000台頂戴いたしました。
これは、日々医療現場を支える看護師の方々への感謝の気持ちと、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響で病院での実習が行えなかった看護学校の学生を応援したい、というお気持ちを寄附としていただいたものです。
当協会では、いただいたご厚志を活力に、今後も看護職支援に全力を注いでまいります。

 

製品の詳細およびカシオ計算機株式会社リリースは、下記をご覧ください。

カシオ計算機株式会社
ニュースリリース https://www.casio.co.jp/release/2021/0126_nursing/

官公庁のお知らせ

保健師、助産師、看護師及び准看護師の業務従事者届の届出期限について

令和2年度の保健師、助産師、看護師及び准看護師の業務従事者届の届出期限が、令和3年3月31日まで延長になりました。

 

<この件に関するお問合せ先>
東京都福祉保健局医療政策部医療人材課免許担当
TEL:03-5320-4517

看護協会

当協会職員の新型コロナウイルス感染症の感染について

 当協会は、以下のとおり、当協会の職員が、新型コロナウイルス感染症に感染していることを確認いたしました。

 

≪1月15日に判明≫
当協会千駄木訪問看護ステーション城北事業所(東京都練馬区)に勤務する職員1名

 

〇現在、当該職員は、管轄保健所の指示に従い、療養を開始するとともに、当該職員が勤務する事業所については、既に消毒等の対応をいたしました。

〇陽性者発生の結果を受けて、1月18日、上記訪問看護ステーション及び千駄木訪問看護ステーションに勤務する全ての職員(当該感染者を除く)について、PCR検査を実施したところ、全員陰性であることが、1月20日に判明いたしました。

〇引き続き、当協会は、保健所等の関連諸機関と連携して対応を進めるとともに、感染拡大の防止に向けて今後も必要な対応を適切に実施してまいります。

 

会 長  山元 恵子

看護協会

【重要】緊急事態宣言発出に伴う公益社団法人東京都看護協会の業務体制について

[令和3年1月8日]

1月8日~2月7日(31日間)を期間として、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県(1都3県)を対象に、緊急事態宣言が発表されたことに伴い、公益社団法人東京都看護協会(本社:東京都新宿区、会長:山元恵子、以下「当協会」)では以下のように対応することといたしましたのでご案内申し上げます。関係者の皆様には何かとご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

詳細は、緊急事態宣言発出に伴う公益社団法人東京都看護協会の業務体制についてをご覧ください。

 

当該期間中は、代表電話及び一部の部署代表電話が繋がりにくくなっております。

■実施期間 1月8日(金)〜2月28日(日)

■期間中のお問合せ
在宅勤務や時差出勤に伴い、営業時間中でも事務所の電話が繋がりにくくなっていることがございますので、お手数をおかけいたしますが、ご用件はメール及び当サイトのお問い合わせフォームからご連絡くださいますようお願い申し上げます。

 

お問合せ
入会申込書請求フォーム
公益社団法人東京都看護協会 会員マイページ
キャリナース[看護協会会員の皆さま専用のWEBページ]

会員資格に関するお問い合わせ nyukai@tna.or.jp
新型コロナウイルス感染症に関する相談フォーム
研修に関するお問合せ  ken@tna.or.jp
取材のお申し込み

看護協会

ニュースリリース 新型コロナウイルス感染症への新たな支援を行います

1 広域連携推進

新型コロナウイルス感染症のクラスター発生などにより、各地の医療機関で看護職員が圧倒的に不足している状況に対応します。

 

2 就業不能となった看護職への直接支援

新型コロナウイルス感染症に感染した看護職に対して、見舞金を支給できるようにしました。

 

詳細はニュースリリースをご覧ください。

看護協会

当協会職員の新型コロナウイルス感染症の感染について

 当協会の職員1名が、新型コロナウイルス感染症に関する検査(PCR検査)を受けた結果、12月28日までに「陽性」と判明いたしました。

 これを受けて、12月29日、当協会に勤務するすべての職員等(派遣職員及び委託会社社員も含む)について、当該職員との濃厚接触者を調査したところ、該当者はおりませんでした。

 現在、当協会は、所管保健所等の関連諸機関と連携して対応を進めるとともに、引き続き、感染拡大の防止に向けて今後も必要な対応を適切に実施してまいります。何とぞご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

会 長  山元 恵子

看護協会

訪問看護フェスティバル 締切延長しました

2020年度訪問看護フェスティバルの申込締切を延長しました。

【締切日】令和2年12月24日(木)⇒ 令和3年1月17日(日)

お申込みはこちら

他団体のお知らせ

【公益財団法人東京都歴史文化財団】「ブルーライブ」へのご招待について

公益財団法人東京都歴史文化財団では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う状況下で、医療に従事されている関係者の皆様を、東京文化会館および東京芸術劇場で開催されるコンサート等のプログラムへご招待をいたします。都立文化施設で心安らぐひと時をお過ごしいただけましたら幸いです。

【ご招待の対象となる方】・都内医療機関に勤務する医療従事者や職員、及びそのご家族
            ・都内在住の医療従事者や職員、及びそのご家族
【ご招待期間】      2021年1月~3月
【対象公演】       東京文化会館及び東京芸術劇場で開催される全10プログラム
            (各プログラムにつき10名様をご招待いたします)
【応募方法】        ご希望の方は下記URLをご参照の上、ハガキにてご応募ください。応募者多数の際は抽選となります。

プログラムや応募方法等、詳細は下記東京都歴史文化財団ウェブサイトをご覧ください

https://www.rekibun.or.jp/art/reports/bluelive

 

 

※新型コロナウイルスの感染状況によっては、実施内容は変更となる可能性がございます。最新情報は必ずウェブサイトでご確認ください。

 

<本件に関するお問い合わせ>
公益財団法人東京都歴史文化財団 事務局 総務課企画広報係 電話 03-5610-3503

他団体のお知らせ

【日本看護協会】感染管理認定看護師養成推進事業を開始

公益社団法人日本看護協会は、200床未満の医療機関や介護施設での感染管理認定看護師の配置を促進するため、認定看護師教育機関(感染管理分野)の受講費用の補助として、1対象施設(看護師1人限り)あたり100万円を助成します。対象は感染管理認定看護師が在籍していない施設で、募集件数は50件です。

新型コロナウイルス感染症の収束の見通しがたたない中、多くの感染管理認定看護師が医療機関内などでのクラスター発生の防止、感染対策の強化などにその高い能力を発揮しています。一方で、中小規模病院・介護施設では感染管理認定看護師が在籍していない施設も多いことなどから、「感染管理認定看護師養成推進事業」を立ち上げ、感染症に関する専門的な知識と技術を持つ同認定看護師の養成を推進することになりました。

詳細については下記リンクよりご覧ください。

 

【公益社団法人日本看護協会リリース】
https://www.nurse.or.jp/home/opinion/newsrelease/index.html