他団体のお知らせ

オンラインセミナー 摂食嚥下障害患者に対する臨床評価とその実践

2021年度オンラインセミナー シリーズ2
「摂食嚥下障害患者に対する臨床評価とその実践」
講  師:柴本 勇(聖隷クリストファー大学 リハビリテーション学部 教授)
開催日時:10/29(金)、11/12(金)、11/26(金)、12/3(金)、12/17(金)
     全て19:00~20:15
開催方法:ZOOMによるオンライン配信
参加費 :1講座につき、当法人会員:1,000円 当法人非会員:3,000円
お申し込み:下記のURLまたは当法人ホームページからお申し込みください。
※昨年度開催した同シリーズの内容をアップデートしてお届けします。

申込みフォームURL  https://onl.tw/qN6Z2gW
一般社団法人 食とコミュニケーション研究所  https://fc-science.or.jp/guide7.html

他団体のお知らせ

公益財団法人東京都歴史文化財団「ブルーライブ」  医療従事者の皆様をライブ公演にご招待します

医療に従事される方々へ感謝の気持ちを表すカラー「ブルー」。
公益財団法人東京都歴史文化財団では、「ブルーライブ」と題し、医療従事者の皆様に心やすらぐひと時をお過ごしいただけるよう、東京文化会館および東京芸術劇場で開催するコンサートや演劇等の公演にご招待いたします。

【対象となる方】
・都内医療機関に勤務する医療従事者や職員、及びそのご家族
・都内在住の医療従事者や職員及びその家族

【ご招待対象公演】
・2021年8月~2022年3月の期間に、東京文化会館・東京芸術劇場で開催する計16プログラムをご用意(予定)
・1プログラムにつき、10名~20名様(公演によって異なります)をご招待いたします。

【応募方法】
プログラムや応募方法等、詳細は東京都歴史文化財団ウェブサイトをご覧ください

 

 

※新型コロナウイルスの感染状況等によっては、プログラムが中止や延期等となる場合がございます。
 最新情報は各施設のウェブサイト等をご確認ください。

他団体のお知らせ

第37回日本ストレス学会学術総会 参加登録受付・演題募集のお知らせ

第37回日本ストレス学会学術総会 参加登録受付・演題募集のお知らせ

2021年10月30日(土)・31日(日)第37回日本ストレス学会学術総会をWeb開催いたします。
参加登録と一般演題募集を開始いたしました。
双方向ライブ配信による特別講演、特別企画、教育講演、シンポジウム、市民講座のほか、オンデマンド配信による口頭発表を予定しております。
多様な臨床とケア・当事者・臨床倫理・現象学などアカデミック且つ臨床実践の知に繋がる示唆を得られる機会を提供できますよう、鋭意準備を進めております。保健医療福祉に携わる方々の研究のご発表とご参加を心よりお待ちしております。

【開催概要】
 第37回日本ストレス学会学術総会
 会期:2021年10月30日(土)~31日(日)
 会場:Web開催 (配信本部:山梨大学)
 大会長:水野 恵理子(淑徳大学看護栄養学部精神看護学教授)
 テーマ:ナーシング・サイエンスとストレス

【早期参加登録】
 期間:2021年6月1日(火)~9月30日(木)
 詳細 https://stress37.jp/fee_oline/

【一般演題登録】
 登録期間:2021年6月1日(火)~7月30日(金) 正午
 一般演題は口頭発表(音声付きオンデマンド)となります。
 詳細 https://stress37.jp/7216-2/

 

※随時ホームページに更新してまいりますので、是非ご覧ください。

 

他団体のお知らせ

国際モダンホスピタルショウ・セミナー のご案内

ナガイレーベン株式会社 国際モダンホスピタルショウセミナーのご案内

 

公益社団法人日本看護協会・ナガイレーベン株式会社 共催セミナー

日程:2021 年 7 月 29 日(木)
時間:11時30分~12時15分
会場:パシフィコ横浜 アネックスホール

「ユニフォームの 2 色制 で実現する看護業務の効率化 看護師の働き方を支える白衣のちから 」
看護業務の効率化先進事例アワード2019 最優秀賞受賞
熊本地域医療センター様にご登壇頂き、持続可能な残業削減への取り組みを紹介いたします。

申込先:下記URLよりお申込ください。(事前登録制)
詳細:https://noma-hs.jp/hs/2021/

ご案内はこちら

他団体のお知らせ

Tokyo里親ナビのご案内

里親に興味がある人、なりたい人のための情報サイト
Tokyo里親ナビのご案内

東京都の里親制度(養育家庭・養子縁組)について、さらに詳しくお知りになりたい場合は、こちらからどうぞ。

社会で子どもを育てる-社会的養育、 里親制度「出前講座」もご活用ください。

詳細はちらしをご参照ください。

Tokyo里親ナビ(PDF 433KB)
出前講座(PDF 531KB)

お問い合わせ Tokyo里親ナビ

 

他団体のお知らせ

認知行動療法セミナー2021

認知行動療法セミナー2021

本セミナーは,認知行動療法の普及促進のため,過去には日本各地で開催して参りました。
今回は,オンライン開催(オンデマンド配信)ですので,全国の皆様にご参加頂けます。
専門職から,一般の方まで,広くご受講可能です。

【日時】 2021年6月1日(火)~7月31日(土) 動画の配信期間
【場所】 web開催(オンデマンド配信) 各セミナー90分の動画
【セミナー内容】
・動機づけ面接を身につける
・Stay homeの幸福向上のための実践
・WEBを活用して認知行動療法に取り組む:不安とうつのマネジメントを中心に
・子どもの睡眠の問題に対する認知行動療法~乳幼児の夜泣きから思春期の夜型の問題まで~
【参加申込】 https://peatix.com/group/9926245
【お問い合わせ】 認知行動療法セミナー2021運営事務局 cbtseminar2021@gmail.com
【主催】一般社団法人日本認知・行動療法学会

他団体のお知らせ

【日本看護協会】感染管理認定看護師養成推進事業を開始

公益社団法人日本看護協会は、200床未満の医療機関や介護施設での感染管理認定看護師の配置を促進するため、認定看護師教育機関(感染管理分野)の受講費用の補助として、1対象施設(看護師1人限り)あたり100万円を助成します。対象は感染管理認定看護師が在籍していない施設で、募集件数は50件です。

新型コロナウイルス感染症の収束の見通しがたたない中、多くの感染管理認定看護師が医療機関内などでのクラスター発生の防止、感染対策の強化などにその高い能力を発揮しています。一方で、中小規模病院・介護施設では感染管理認定看護師が在籍していない施設も多いことなどから、「感染管理認定看護師養成推進事業」を立ち上げ、感染症に関する専門的な知識と技術を持つ同認定看護師の養成を推進することになりました。

詳細については下記リンクよりご覧ください。

 

【公益社団法人日本看護協会リリース】
https://www.nurse.or.jp/home/opinion/newsrelease/index.html

他団体のお知らせ

【日本看護協会】新型コロナウイルス感染症対応医療従事者支援制度創設

公益社団法人日本看護協会は、かねてから経済面も含め医療従事者が安心して医療に従事できる体制の整備を国に要望してきました。
こうした要望などを受けて、厚生労働省は本年9月に新型コロナウイルス感染症に対応する医療機関などへの支援として「新型コロナウイルス感染症対応医療機関労災給付上乗せ補償保険加入支援事業補助金」の交付を決定し、この補助金を活用して「新型コロナウイルス感染症対応医療従事者支援制度」が創設されることになりました。

同制度は、加入している医療機関等で、新型コロナウイルスに感染し4日以上休業した場合の休業補償保険金や、死亡時には死亡保障保険金を支払うものです。また、医療団体からの寄付金や国の補助金を活用することで、医療機関等は少ない負担で制度に加入することができることも特徴です。

日本看護協会もこの制度の趣旨に賛同し、新型コロナウイルス関連でいただいた寄付金の中から2億円を拠出することにしています。

詳細は下記リンクよりご覧ください。

【公益社団法人日本看護協会リリース】
https://www.nurse.or.jp/home/opinion/newsrelease/

【制度に関する詳細】医療機能評価機構サイト
https://jcqhc.or.jp/w-comp

他団体のお知らせ

【日本看護協会】新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書を提出

公益社団法人日本看護協会は7月8日、加藤勝信厚生労働大臣に、新型コロナウイルス感染症に関する保健所の体制整備および職員への慰労金の支給に関する要望書と、医療機関や訪問看護ステーションへの経営支援を求める要望書をそれぞれ提出しました。

要望事項の詳細につきましては、公益社団法人日本看護協会ニュースリリースをご覧ください。
【厚生労働大臣に新型コロナウイルス感染症関連で要望】

他団体のお知らせ

【日本看護協会】「#NursingNow_いま私にできること」キャンペーンを実施

公益社団法人日本看護協会は、4月 24日から、ツイッターでハッシュタグ(#)キャンペーン
「#NursingNow_いま私にできること」を実施しています。

本キャンペーンは、新型コロナウイルス感染症の拡大・長期化から、日本の医療を守るために、国民一人一人に「自身が感染しないこと」のメッセージを届けること、最前線で働く「看護職にエールを送る」ことを目的としています。

ツイッター上に「#NursingNow_いま私にできること」を含むツイート(投稿)をより多くしていただき、取り組みが拡散されることにより、社会的なムーブメントにつなげていきたいと考えております。ぜひキャンペーンにご参加ください。

詳細は公益社団法人日本看護協会webサイト ハッシュタグ(#)キャンペーン案内をご覧ください。

他団体のお知らせ

「ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)」とは

日本看護協会では、ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)づくりを全国に広げるため特設WEBサイトをオープン

「ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)」づくりを広く皆さんに知っていただくため、
日本看護協会では特設のWEBサイトをオープンしています。
ヘルシーワークプレイスに関するコラムやクイズなどもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

日本看護協会ヘルシーワークプレイス 特設サイト