令和3年度 東京都助産師定着促進事業についてのご案内

 

今年度より、事業名が「東京都助産師定着促進事業」となりました。(昨年度事業名「東京都助産師出向支援導入事業」

<目的>

助産師就業の偏在把握や助産師出向※の検討等を行い、助産師実践能力の強化、助産学生の実習施設等の確保及び助産師就業の偏在是正を図ることを目的としています。

(※助産師出向:現在の勤務先の身分を有しながら、他施設で助産師として働くこと)

 

<出向支援の主な取り組み>

・関係団体や学識経験者で構成する助産師定着促進協議会を設置し、本事業に関する検討等を行います。

協議会には、コーディネーターが配置され、出向希望施設の出向目的や出向先施設の状況を把握し、医療施設の希望や出向目的等を踏まえ、コーディネートします。

 

≪出向目的(例)≫

・出向元施設:(助産師を出向させて)助産師のスキルアップ、モチベーションの向上を図りたい!

・出向先施設:(助産師を受け入れて)出向元で行っている分娩方法等を学びたい!

 

※今年度からの新たな取り組み

 出向元からの研修生(助産師)を受け入れてくださる出向先施設には受入謝礼を支払います。

 また、研修目的で職員を出向させる出向元施設には代替職員経費の一部補助を行います。

 詳細は5月下旬に実施する説明会でご案内いたします。説明会については、別途ご案内致します。

 

≪事業イメージ≫

 

◆事業への参加について

1 説明会へ参加(5月下旬実施予定)※別途ご案内

2 出向希望を提出(人数・経験年数・目的等)

3 マッチング

4 出向内容の調整

5 出向の取り決め(契約等)

6 出向 ★出向期間中もコーディネーターがサポート!

7 出向研修発表会・振返り(施設・出向助産師による出向評価)

 

詳しくはこちらをご覧ください >>>