東部地区支部理事 ご挨拶

会員の皆様には、日頃より東部地区支部の活動にご支援を頂き、心より感謝申し上げます。

東部地区支部は、東京都二次保健医療圏の第6医療圏(荒川区・葛飾区・足立区)と第7医療圏(江東区・墨田区・江戸川区)の6つの区で構成され、会員数は5564名(2020年7月13日現在)と少ないですが、毎年少しずつ会員数を伸ばし、東部地区で活躍する保健師・助産師・看護師・准看護師を、長きに渡り支援していきたいと考えています。

地区支部は、各地区の特徴にあわせ活動をしていますが、東部地区では「学び」「繋がり」「専門性の発揮」の3つの視点で力を入れています。

 

「学び」の支援では、地域の看護実践能力の向上を目的に、年4回研修を開催しています。臨床で働く方々のニーズや、注目されている事柄に合わせ、テーマ決めて学習の機会を提供しています。東部地区は他の地区に比べ中小規模の病院が多いこと、そして多くの准看護師が就業しているという特徴があります。だからこそ、院外での学習の場が必要だと感じています。

 

「繋がり」の支援として、単に看護職同士の交流に留まらず、地域で活躍する様々な職種の方々と、繋がる機会を提供していきたいと考えています。

 

「専門性の発揮」では、地域での健康支援活動です。現在は、足立区で年2回「まちの保健室」を開催しております。住民の皆さんとその地域で働く看護師が直接お話しさせていただき、住民の健康意識を少しでも高めることができたらと考えています。

 

最後になりますが、この地区で働いていてよかった、働き続けたいと思えるよう、東部地区として1つ1つ積み重ねていきたいと思っています。

ご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

東部地区支部 支部長 佐久間あゆみ

 

東部地区支部からのお知らせ

update 2021.07.06 地区支部総会において選出された新任役員をご紹介いたします。

 

[就任ご挨拶]

 

副支部長 河又恵子 (順天堂東京江東高齢者医療センター)

 この度、副支部長に就任いたしました.よろしくお願いいたします。
2020年は新型コロナウイルス感染症な流行により全世界が生活の様式を変えざるを得ませんでした。新たな生活様式が生まれ、自由を自制.自粛することが求められ、人と人の繋がり方も変化しました。一方、看護は緊急事態宣言下にあっても粛々と営まれ、果たす役割と使命感に心を震わせた方も多かったのではないでしょうか。強く優しい看護の心を繋いでいきたいと感じました。
 2021年度、東京都看護協会は活動方法の改革が始まっています。見に余る大役に緊急と不安がありますかが、この機会を大切に役員・委員の皆様と共に東部地区の強みを生かした活動を目指して取り組んでいきたいと思います。

 

会計幹事 伊藤直美 (柳原病院)

 今年度、東部地区支部会計幹事を務めさせていただくことになりました柳原病院の伊藤直美と申します。この度、初めて地区支部の役割を務めさせて頂きます。責務を遂行すべく皆さまにご教示いただきながら東部支部への貢献に繋がるよう努力してまいりたいと思います。昨年度コロナ禍における院内での感染対策および患者対応、患者受け入れ体制の整備など、様々な困難を乗り越えて今に至ることと存じます。いかなる情勢においても、看護職の資質向上や地域住民の健康を守る活動の推進は必要不可欠であると考えます。地区支部の活動も普段とは異なる様式となっている中、東部地区の会員の皆様、さらには地域の皆様のニーズに応えられるよう全力で取り組んでいきたいと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

会計 永松智鈴 (博慈会記念総合病院)

 足立区鹿浜にあります博慈会記念総合病院にて呼吸器科病棟の師長をしております永松と申します。
この度前任の石渡師長より引き継ぎ、東部地区の会計をさせていただくことになりました。
コロナ禍の終息がみえず、各医療機関ともに大変な毎日を送っていると思いますが少しでもお役に立てることがあれば、頑張って取り組んでいきたいと考えております。
初めての事で未だ不安と緊急の中にいますが、諸先輩方のお力を借りて任期を全うしたいと思います。

 

[退任ご挨拶]

 

副支部長 眞柄恵子 (柳原病院)
 東部地区支部の副支部長及び広報担当として、2年間役員を務めさせていただきました。
支部長はじめ、皆様に支えていただきながら活動に参加できることができました。
広報を通じて、東部地区支部が取り組んでいる様々な活動を学ぶことができ、視野を広げることが出来る機会になりました。また東部地区ニュース発行に際してご協力いただきましたことに改めて感謝いたします。
これからも会員のひとりとして活動に協力していきたいと思います。

2年間、ありがとうございました。
 
会計幹事 松本英子 (順天堂高齢者医療センター)

 東京都支部役員、会計監査を1期2年間務めさせていただきました。本支部が地域包括ケアのニーズに対応できるように活動していることがわかり、地域連携の大切さを改めて学びました。活動の中で、他施設の方々と交流を持ち、さまざまなご意見を伺うことができたことも、私にとりましては、貴重な経験でした。途中コロナ禍にて、活動があまりできず、会議もWebとなりましたが、変化に対応しての運営も体験することができました。お役に立てることは少なかったと思いますが、これからも東部地区支部の活動に協力していきたいと思います。ありがとうございました。

 

会計 石渡寿美代 (博慈会記念総合病院)

 2年間にわたりまして。無事に任期を終えることができましたのも、皆様からの暖かな協力があればこそのものと思っております。至らなかった点、迷惑をお掛けしてしまった点も多々あったことを実感しております。しかし皆様と一緒に協力し合った時間は素晴らしい経験になりました。本当にありがとうございました。
 これからも東部地区支の一員として、皆様と連携し、協力し合っていけましたらと思っております。今後とも、支部の活動を通じてお目にかかる機会は多いと思います。どうぞこれからも、よろしくお願い申し上げます。

 

 

研修計画

東部地区の研修計画はこちら