東部地区支部理事 ご挨拶

会員の皆様には、日頃より東部地区支部の活動にご支援を頂き、心より感謝申し上げます。

東部地区支部は、東京都二次保健医療圏の第6医療圏(荒川区・葛飾区・足立区)と第7医療圏(江東区・墨田区・江戸川区)の6つの区で構成され、会員数は5564名(2020年7月13日現在)と少ないですが、毎年少しずつ会員数を伸ばし、東部地区で活躍する保健師・助産師・看護師・准看護師を、長きに渡り支援していきたいと考えています。

地区支部は、各地区の特徴にあわせ活動をしていますが、東部地区では「学び」「繋がり」「専門性の発揮」の3つの視点で力を入れています。

 

「学び」の支援では、地域の看護実践能力の向上を目的に、年4回研修を開催しています。臨床で働く方々のニーズや、注目されている事柄に合わせ、テーマ決めて学習の機会を提供しています。東部地区は他の地区に比べ中小規模の病院が多いこと、そして多くの准看護師が就業しているという特徴があります。だからこそ、院外での学習の場が必要だと感じています。

 

「繋がり」の支援として、単に看護職同士の交流に留まらず、地域で活躍する様々な職種の方々と、繋がる機会を提供していきたいと考えています。

 

「専門性の発揮」では、地域での健康支援活動です。現在は、足立区で年2回「まちの保健室」を開催しております。住民の皆さんとその地域で働く看護師が直接お話しさせていただき、住民の健康意識を少しでも高めることができたらと考えています。

 

最後になりますが、この地区で働いていてよかった、働き続けたいと思えるよう、東部地区として1つ1つ積み重ねていきたいと思っています。

ご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

東部地区支部 支部長 佐久間あゆみ

 

東部地区支部からのお知らせ

 

看護研究実践報告会報告

 

 update 2022.03.03 第30回看護研究実践報告会のご報告

 

 開催日時:令和4年1月22日(土) オンライン開催(Zoom配信)
コメンテーター:大出 順先生 帝京科学大学医療科学部看護学科基礎看護学 講師

 

  昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で開催に至らなかった看護研究実践報告会でしたが、今年は感染に配慮しオンラインで開催することができました。会場での発表2題とオンラインでの発表3題、参加者もオンラインでの意見交換をすることができました。

 

  内容は経管栄養プログラムを使用することで経腸栄養を導入した患者に対しすべての看護師が同じように行え、患者のステップアップに関わることができた症例。文献レビューから認知症患者の在宅復帰には認知症ケアと在宅での介護者の支援が大事であるという症例。コロナ禍の今だからこそ取り組んだジェルネイルの取り組みやN95マスク着用の訓練を通して防護効果をあげ医療者の感染を防ぐ取り組み。レクリエーションを通して離床の拡大、そこには患者の生活背景を捉えた関わりがあり看護の力を感じる内容でした。

 

  先生より、1つ1つの演題に講評をいただき、日々看護として取り組んでいることに視点を当てた取り組みで、非常にレベルが高い研究とのお褒めのお言葉をいただきました。またその1つ1つの積み重ねが今後の看護を作っていきます。

 

  東部地区支部の各施設で実践している看護について発表し、意見交換することで新たな気づきと、今後の貴重なヒントになった看護研究実践報告会となりました。

 

 

【演題】

1 当センターの「経腸栄養開始プログラム」を活用し経腸栄養を導入した事例
   順天堂大学医学部附属東京江東高齢者医療センター
   寺師由華氏

2 医療現場におけるジェルネイルの実用性
   松江病院
   安倍悠氏・早川優氏

3 介護老人保健施設における認知症高齢者の在宅復帰に関する研究~文献レビューを通じて~
   特別養護老人ホーム 江戸川さくらの杜江戸川さくらの杜
   友野みつ氏

4 N95マスク着用時の訓練必要性について ~定量的フィッティングテストによる検証~
   日本私学振興 共済事業団 東京臨海病院
   石灘雅弘氏・長井直人氏

5 レクリエーションを通して離床時間の拡大につながった症例
   社会医療法人社団正志会 葛飾リハビリテーション病院
   萩ノ谷ミヨ子氏・稲場綾氏

 

東部地区支部 濵﨑 郁代[東京女子医科大学付属 足立医療センター]

 

定期地区支部総会招集通知正誤表について

令和4年2月1日付けでご送付いたしました、当地区支部「東部地区支部総会招集ご通知」の一部に訂正がございますので、謹んでお詫び申し上げますとともに、下記のとおりお知らせいたします。

各地区支部総会の開催についてのお問い合わせは、招集ご通知下部記載の問い合わせ先にお願いいたします。

 

正誤表PDF

招集ご通知(修正版)PDF

 

 

 

研修報告

2021.10.01 9月18日開催 高齢者のスキンテア 研修報告

 

 

まちの保健室開催報告

 2021.12.13

 

開催日時:令和3年11月27日(土)        
時間:12時00分~15時00分
場所:パサージオ西新井 1階 エスカレーター横
内容:血圧測定・体脂肪測定・手洗い講習・健康相談
会員協力:7名
利用者:延べ32名


 

コロナの感染状況が落ち着いてきた今、ようやくできるという思いで、「まちの保健室」を開催しました。
意気込みに反し今年初めての冷え込みという風の強い日よりでしたが、「手洗いできているかしら」と親子で手洗いチェックに参加してくださる方々、また「血圧を測る機会はないよ」「体脂肪って何ですか」等と足を止めて下さる方々がいらっしゃいました。
冷たい風の中、ゆっくりとご相談をという方が少なかったのは少し残念ではありましたが、自分自身の健康について関心を持って下さるご様子を直接感じることができ、町に出て活動する意味を再確認することができました。
今後も感染の動向をみながら、多くの住民の方々に参加していただき、一緒に健康について考えていけたらと思います。

 

東部地区支部 明吉美智代[東京都立墨東病院]

 

看護研究実践報告会のご案内と演題募集について

 2021.10.11

毎年ご好評をいただいている「看護研究実践報告会」ですが、前年度はコロナ禍ということで開催には至りませんでした。
しかし、今年度は開催形式を検討しつつ開催をすることといたしました。医療逼迫と言われる状況の中、医療連携・情報交換が求められています。スタッフの疲弊した身体や精神にエネルギーとなる一筋の灯りを差し出せる会を皆さんで作りませんか。
つきましては、看護研究で看護実践体験をお話ししてくださる方を下記のとおり募集いたします。
皆様、ぜひご登録ください。どうぞよろしくお願いいたします。
 
[開催概要]

【開催日】令和4年1月22日(土)13:30~16:30

【募集演題】看護研究4~5題

【応募期間】令和3年10月1日~11月10日  演題エントリーと抄録提出:発表10分

【応募方法】word形式で横書きA4用紙1枚程度に抄録原稿を作成し、下記送り先アドレスに送付してください。折り返し受信確認メールを送信いたします。

【問い合わせ先】
博慈会記念総合病院 東5階病棟
永松 智鈴
〒123-0864東京都足立区鹿浜5-11-1
e-mail:c.nagamatsu@hakujikai.org 
TEL 03-3899-1311

 

地区支部総会報告

 2021.09.10  令和2年度地区支部総会報告

 

施設紹介

 2021.09.10  柳原病院 地域包括ケア病棟

 

新任役員紹介

地区支部総会において選出された新任役員をご紹介いたします。

 

[就任ご挨拶]

 

副支部長 河又恵子 (順天堂東京江東高齢者医療センター)

 この度、副支部長に就任いたしました.よろしくお願いいたします。
2020年は新型コロナウイルス感染症な流行により全世界が生活の様式を変えざるを得ませんでした。新たな生活様式が生まれ、自由を自制.自粛することが求められ、人と人の繋がり方も変化しました。一方、看護は緊急事態宣言下にあっても粛々と営まれ、果たす役割と使命感に心を震わせた方も多かったのではないでしょうか。強く優しい看護の心を繋いでいきたいと感じました。
 2021年度、東京都看護協会は活動方法の改革が始まっています。見に余る大役に緊急と不安がありますかが、この機会を大切に役員・委員の皆様と共に東部地区の強みを生かした活動を目指して取り組んでいきたいと思います。

 

会計幹事 伊藤直美 (柳原病院)

 今年度、東部地区支部会計幹事を務めさせていただくことになりました柳原病院の伊藤直美と申します。この度、初めて地区支部の役割を務めさせて頂きます。責務を遂行すべく皆さまにご教示いただきながら東部支部への貢献に繋がるよう努力してまいりたいと思います。昨年度コロナ禍における院内での感染対策および患者対応、患者受け入れ体制の整備など、様々な困難を乗り越えて今に至ることと存じます。いかなる情勢においても、看護職の資質向上や地域住民の健康を守る活動の推進は必要不可欠であると考えます。地区支部の活動も普段とは異なる様式となっている中、東部地区の会員の皆様、さらには地域の皆様のニーズに応えられるよう全力で取り組んでいきたいと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

会計 永松智鈴 (博慈会記念総合病院)

 足立区鹿浜にあります博慈会記念総合病院にて呼吸器科病棟の師長をしております永松と申します。
この度前任の石渡師長より引き継ぎ、東部地区の会計をさせていただくことになりました。
コロナ禍の終息がみえず、各医療機関ともに大変な毎日を送っていると思いますが少しでもお役に立てることがあれば、頑張って取り組んでいきたいと考えております。
初めての事で未だ不安と緊急の中にいますが、諸先輩方のお力を借りて任期を全うしたいと思います。

 

[退任ご挨拶]

 

副支部長 眞柄恵子 (柳原病院)
 東部地区支部の副支部長及び広報担当として、2年間役員を務めさせていただきました。
支部長はじめ、皆様に支えていただきながら活動に参加できることができました。
広報を通じて、東部地区支部が取り組んでいる様々な活動を学ぶことができ、視野を広げることが出来る機会になりました。また東部地区ニュース発行に際してご協力いただきましたことに改めて感謝いたします。
これからも会員のひとりとして活動に協力していきたいと思います。

2年間、ありがとうございました。
 
会計幹事 松本英子 (順天堂高齢者医療センター)

 東京都支部役員、会計監査を1期2年間務めさせていただきました。本支部が地域包括ケアのニーズに対応できるように活動していることがわかり、地域連携の大切さを改めて学びました。活動の中で、他施設の方々と交流を持ち、さまざまなご意見を伺うことができたことも、私にとりましては、貴重な経験でした。途中コロナ禍にて、活動があまりできず、会議もWebとなりましたが、変化に対応しての運営も体験することができました。お役に立てることは少なかったと思いますが、これからも東部地区支部の活動に協力していきたいと思います。ありがとうございました。

 

会計 石渡寿美代 (博慈会記念総合病院)

 2年間にわたりまして。無事に任期を終えることができましたのも、皆様からの暖かな協力があればこそのものと思っております。至らなかった点、迷惑をお掛けしてしまった点も多々あったことを実感しております。しかし皆様と一緒に協力し合った時間は素晴らしい経験になりました。本当にありがとうございました。
 これからも東部地区支の一員として、皆様と連携し、協力し合っていけましたらと思っております。今後とも、支部の活動を通じてお目にかかる機会は多いと思います。どうぞこれからも、よろしくお願い申し上げます。

 

研修計画

東部地区の研修計画はこちら