【重要】東京都看護協会会館施設の段階的な利用再開について【令和2年7月20日】

1 はじめに

 当協会は新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止し、会員の皆様、職員及び関係者の健康と安全の確保を最優先に考え、会館施設の全面的な利用を中止してまいりました。
 このたび、政府の緊急事態宣言の解除を受けて、当協会は十分な感染症の拡大防止対策を講じたうえで、教育研修等の当協会の事業運営に必要不可欠な会館施設についてその段階的な利用を再開してまいります。
 なお、再度、感染状況が拡大した場合には、予告なく以下の取り扱いを変更する場合がありますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

2 会館施設の段階的な利用再開についての基本的な考え方

(1)入館等における対策
 ア 体調が優れない場合は、会館施設のご利用を控えてください。
 イ 入館時は、必ず、マスクを着用してください。
   マスクを着用していない方の入館を控えていただく場合もあります。
 ウ 入口や会館施設内各所に設置している手指消毒液による消毒、手洗い、うがい、咳エチケット、
   大声での会話を慎むことの徹底をお願いします。
 エ 「3密」(密閉、密集、密接)にならないよう、利用目的終了後は速やかに退館してください。
 オ 入館時に持ち込んだ物品等から出たごみは、必ず、持ち帰ってください。
(2)施設内における対策
 ア 不特定多数の利用者が使用する場所・設備(ベンチ、エレベーター、トイレ、洗面所等)については、
   感染拡大防止の観点からその利用を制限する場合があります。
 イ トイレでは、便器のふたを閉めてから、流してください。
 ウ 列をつくる場合や、座席の配置(向かい合って座らない等)、共用スペースでの休憩をする場合等、
   施設内においては、人と人との間隔を十分とってください(できるだけ2m)。
 エ 施設内においては、密閉を避けるため、1時間置きを目途として、窓・扉を開放し十分な換気をしてください。

 

3 当協会施設を利用する主催者がとる対策

(1)参加者全員の氏名・連絡先の把握のお願い
 ア 主催者は、感染者や感染の疑いがある者が発生した場合に速やかに対応できるよう、
   参加者全員の氏名・連絡先(電話番号・メールアドレス)を把握するよう努めてください。
 イ 万が一、新型コロナウイルス感染者が発生した場合、関係者の健康と安全を守り
   感染拡大を防止する目的のため、参加者全員の氏名・連絡先の情報が必要となります。
   この場合、主催者は、当協会に対し、参加者全員の氏名・連絡先を提出していただくこととなります。
   そのため、主催者は、感染者の発生の有無にかかわらず、会館施設の利用当日から1か月経過するまでは、
   上記記録を保管してください。
 ウ なお、ご提出いただいた上記記録については、上記目的以外には使用いたしません。
 エ 会館施設利用後に参加者のうち感染者が発生した場合、主催者は、直ちに当協会担当者へ報告してください。
 オ 主催者は参加者全員の検温を必ず実施し、参加者の体調を利用前に確認してください。
   そして、発熱・咳・咽頭痛など体調不良の症状がある参加者がいる場合、当該参加者の利用を控えるよう対応してください。
 カ 以下に該当する参加者の利用は控えるよう対応してください。
  (ア)利用日を起算として過去14日以内に、政府から入国制限があった国・地域へ渡航した者
  (イ)利用日を起算として過去14日以内に、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への渡航した者
  (ウ)上記①・②に該当する者と濃厚接触がある者
 キ 各研修室の利用人数の上限は、感染拡大を防止する観点から、当面、定員の半数を目安に設定しています。
   これを超える利用はお控えください。
 ク ホワイエ、ロビー等の共用スペース、利用を許可された研修室以外の利用はお控えください。
   また、ホワイエ、ロビー等の共用スペースでの飲食は、原則禁止とします(ただし、熱中症予防のための水分補給等は除きます)。
 ケ 不特定多数の人が触れる備品等(マイク、PC、ケーブル類)や施設(ドアノブ等)については、全て消毒を行ってください。

 


【ロードマップのステップごとの条件】
(ステップ1)50人以下、かつ、利用定員の50%以下
(ステップ2)100人以下、かつ、利用定員の50%以下
(ステップ3)1000人以下、かつ、利用定員の50%以下

 

【利用定員制限】
利用定員の50%以下


 

4 研修を受講する場合に受講生がとる対策

(1)入館時だけではなく、受講中も、マスクを着用してください。
(2)セルフ健康チェックシートの記入・提出をお願いいたします。
(3)研修室の空調作動中は常時換気されているため、研修中は扉を閉めさせていただきます。
   休憩時間中は、扉開放による換気を行います。
(4)昼食をご持参の方は、自席で正面を向いてお召し上がりください。
   昼食ごみは、ビニール袋に入れて会館施設に設置しているごみ箱に廃棄してください。
(5)トイレ・洗面所は、1階をご利用ください。
(6)1階と4階(図書室)以外のフロアの利用は禁止いたします。
(7)受講証明書は研修終了後に担当者がお配りします。席でお待ちください。
(8)体調不良時は受講をお控えください。
   受講時に体調が悪くなった場合も、無理をせず、担当者までお申し出ください。
(9)受講後2週間以内に、発熱などの症状が出た場合は、速やかに研修係へご連絡ください。
(10)座席は指定席です。座席表を確認のうえ、受講番号が記載された席にお座りください。

 

[セルフ健康チェックシート]

 

[非接触性赤外線温度計]

 


この利用案内は、2020年7月20日現在のものです。予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。


 

会館施設利用案内

東京都看護協会会館は、平成31年4月1日に西新宿に開館しました。会館は会員の方々の活動拠点として、看護職の資質向上に関する事業等に利用することができます。

 

利用目的

会館施設の利用は、以下の目的のいずれかに該当する場合に使用することができます。

1.看護職の資質の向上に関する事業
2.看護業務の開発・改善及び情報の提供に関する事業
3.看護職の人材確保と定着推進に関する事業
4.在宅ケアの推進と支援に関する事業
5.地域住民の保健福祉に関する事業
6.その他、本会が特に必要と認めた事業

利用者

会館施設を利用できるのは、上記の目的を達成するために活動する以下の方となります。

1.会員及び賛助会員
2.国・地方公共団体及びこれに準ずる団体
3.その他、本会が特に必要と認めた者

利用申込方法

お申し込みは利用希望日の3ヶ月前から受付ます。
申込の際、主催者、使用目的、内容をお示しください。
内容によっては、使用をお断りする場合がございます。予めご了承ください。
所定の利用申込書と催事計画書をご提出ください。審査後計画が受理されると利用することができます。

詳細は「ご利用の流れ」及びご利用案内をご一読ください。

申請書・料金表

ご利用の流れ
ご利用案内
料金表
利用申込書・催事計画書

利用申請についての留意事項

次のような場合には、施設利用の申請はできません。また、すでに承認している場合でも使用の取消、停止をすることがあります。

1.物品の販売等、営利を目的とした使用
2.政治的、宗教的活動を行う場所としての使用
3.利用規定もしくは、これに基づく当協会の指示に従わない使用
4.申込者、主催者の申請内容と異なる使用
5.その他公序良俗に反する使用

館内施設のご案内

フロア構成、館内の詳細はこちらをご覧ください。