官公庁のお知らせ

がんと診断された時からの緩和ケアの推進についての資料

「がん対策推進基本計画」(平成30 年3月閣議決定)に掲げられた「がんと診断された時からの緩和ケアの推進」に向けて、厚生労働省では、多数の有識者や専門家からなる「がんの緩和ケアに係る部会」を令和3年7月に設置し、具体的施策に関して検討を行ってまいりました。部会において、がんと診断された時からの緩和ケアと、難治性の疼痛に対する緩和的放射線治療及び神経ブロックの活用について、より一層の理解を深めていただく目的で、リーフレットや患者の方への説明文書を作成しました。

 

「診断時の緩和ケア」
「病状、治療方針とあわせて、医療チームからお伝えしたいこと」
「痛みへの対応について」