新型コロナウイルス感染症対応 現在の行動指針 段階 3 2022/8/1~

公益社団法人東京都看護協会の事業指針

東京都看護協会は「新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京都看護協会の事業指針(BCP)」を作成し、指針に基づく対策を講じたうえで、事業や研修開催を継続しています。

事業の実施にあたっては、事業指針を遵守するとともに、来館者と関係者の安全確保を第一に安心な環境を維持できるよう努めています。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京都看護協会の事業指針

 

 

感染拡大防止の取り組み

 

 

施設・備品の除菌

共用部分は定期的な日常清掃に加え、消毒液を使用し拭き上げ作業を実施しています。

 

換気 本建物の換気設備について

[1階、3階研修室]

 本会館では、ビル管理法(建築物における衛生的環境の確保に関する法律)に基づき、各居室において必要換気量(一人あたり毎時30m3)を満たす換気設備を備えています。よって、窓開放による換気ができない研修室においても厚生労働省により奨励されているクラスター感染リスクを低減する換気運用を実施しているとみなすことができます。

※エアコンをつけていれば、ドアを開けていなくても、十分な換気は実施されております。

 

ソーシャルディスタンスの確保

研修等開催時は、参加者同士の間隔をあけるとともに、研修室の収容人数を定数より減らす等の対応を講じています。
また、感染拡大時は研修をオンライン開催に変更する等の対応をしています。

 

ご来館、研修受講時のお願い

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止のため、東京都看護協会会館にご来館の際は、以下のことについてご協力をお願いいたします。

 

1 ご来館前に、充分な体調チェックをお願いいたします。
2 発熱や咳など、風邪等の症状がみられる場合には、ご来館をお控えくださいますようお願いいたします。
3 研修会への参加、図書室利用の際は、「健康セルフチェックシート」を記入し、担当者へご提出くださいますようお願いいたします。
4 ご来館された後に体調を崩された場合は、速やかにご帰宅くださいますようお願いいたします。
 (当協会事務局からご帰宅をお願いする場合がございます。)
5 ご来館時には、不織布マスクの着用、手指消毒をお願いいたします。
6 当協会会館1階入口に非接触型消毒用アルコール消毒器、非接触検温カメラも設置いたしました。入館時にご利用ください。

 

 

 研修係からのお知らせへ