西部地区は、区西部(杉並区・中野区・新宿区)と区西北部(北区・板橋区・練馬区・豊島区)の7区から構成されています。活動範囲は広いのですが、西副地区支部と北副地区支部と協働し活動しています。役員会や研修会など西副地区支部と北副地区支部でお互いに協力しながら運営しており連携力は抜群です。

 

さて今年度の地区支部研修は「フィジカルアセスメント」をテーマに4回シリーズで開催します。「呼吸」「循環」「高齢者」「在宅」と病院施設の看護職だけでなく、在宅・訪問看護にも役立つ研修になっています。

「まちの保健室」も昨年同様、10月に開催予定です。それぞれの副地区支部が「王子駅前東武ストア前」や「中野区四季の森公園」で地域の皆様とコミュニケーションをとりながら一緒に健康を考える機会となっています。

 

今年度も役員・委員ともに一丸となり、会員の皆様により良い情報を発信できます様一丸となって活動してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

 

令和元年7月

西部地区支部 支部長  大沼 扶久子

 

西部地区支部からのお知らせ

 

まちの保健室

西部地区支部 まちの保健室

 

研修計画

西部地区の研修計画はこちら

 

その他