チームワーク・つなぐ・多摩~トリプルTで進む、

~地域ネットワークの構築へ、看護職の持てるチーム力を集結しよう!!~

看護力と連携力

 

会員の皆さんには、東京都看護協会多摩南地区活動にご理解とご協力を頂きありがとうございます。東京都看護協会新会館は、看護職の知の拠点として3月末に完成いたしました。更なる発展が期待され、会員数の掘り起こしが進められています。是非、未加入者への声かけを進めていきましょう。

当多摩南地区は2019年5月13日現在7035名(就業者数22,993人)で就業者の30.6%となります。2019年度東京都看護協会の活動指針では、サステナビリティな公益法人としての発展をゴールとし入会率50%を目指しています。

今年度も、皆さんとともに役割を果たして参りますのでよろしくお願い申し上げます。

さて、東京都看護協会では「看護政策推進のための組織事業」として保健・医療・福祉・在宅等で働く地区の看護職者が集うタウンミーテングを開始し3年目を迎えます。今年度多摩南地区では、医療圏毎にネットワーク広めていくとともに、行政で働く保健師職能の皆さんとも拡大できるよう計画していきたいと考えます。八王子・日野・多摩・稲城では、地域医療連携ネットワーク「地域医療連携看護師会」の活動をモデル事業として活動してきました。昨年度は、訪問看護師さんとのネットワークが進み、サマリーが整理され地区の病院等から在宅、訪問看護ステーションへのサマリーが共有されていきます。地域の特性でユニークな取り組みを展開できることを期待しています。町田、北多摩南部2つの活動も地域の特性を踏まえ更に推進していきたいと考えます。

2019年度多摩南地区のスローガンは『チームワーク・つなぐ・多摩』トリプルTで地域のネットワーク構築に進もう!看護職のチーム力を集結しよう!を合言葉にみなさんと活動をしていきたいと思います。

尚、地区の研修会は、会員の皆さんに人気の3つの研修会を継続致します。まちの保健室は、調布市、多摩市と協賛し実施致しますので今年度もご協力よろしくお願い致します。対象者が住み慣れた地域で生活できますよう看護で繋いでいきましょう。ご支援ご協力をよろしくお願いします。

令和元年 8月

多摩南地区支部 支部長 伊藤由美子

 

多摩南地区支部からのお知らせ

 

まちの保健室

多摩南地区支部 まちの保健室

 

研修計画

多摩南地区の研修計画はこちら

 

その他