東京都島しょ看護職員定着促進事業

東京都では、島しょ地域に勤務する看護職員の働きやすい環境を整え、定着を図ることを目的に、「東京都島しょ看護職員定着促進事業」を実施しており、今年度におきましても、公益社団法人東京都看護協会が東京都より受託し、実施することとなりました。

[目的]島しょの看護職員の働きやすい環境を整え、定着を促進する。

[事業内容]次の2つの取組(出張研修・短期代替看護職員派遣)について実施している。

出張研修

島しょで働く看護職員が、島を離れずに研修を受ける機会を設けることで、看護職員のモチベーションの向上やケアの質の向上を図る。

[実施規模]平成30年度:各島において実施予定
※26年度:1回.、27年度:5回、28年度:3回、29年度:5回 実施

[実施例]
各島の課題やニーズに応じて、医療資源等の実態に応じた研修を実施(島ごとに、研修テーマ、実施スケジュール等を相談し、派遣講師を選定)

 

◆ 集合研修
◆ 施設におけるミニ研修
◆ 施設訪問時、必要な助言やコンサルテーション 等

短期代替看護職員派遣

島しょの看護職員が研修等により短期的に不在となる際、代替看護職員派遣を実施し、島しょの看護職員がより勤務を継続しやすい環境を整備する。