令和3年度 東京都入退院時連携強化研修

1.目的

病院の入退院支援を行っている者と地域の医療・介護関係者でのグループワーク等を実施し、入退院時における入院医療機関と地域の医療・介護関係者との連携・情報共有の一層の強化を図る。

(1)病院の入退院支援を行っている者と地域の医療・介護関係者でのグループワークをとおして、多職種での

   意見交換と事例検討を行う。
(2)職種や役割に応じた専門性を発揮し、入退院時における入院医療機関と地域の医療・介護関係者との連携・

   情報共有を行う。

 

2.受講対象者 

  受講対象者 応募受付団体
病院 看護師、社会福祉士等

東京都福祉保健局医療政策部

医療政策課 地域医療対策担当

地域の医療・

介護関係者

地域包括支援センター相談員
在宅療養支援窓口担当者
介護支援専門員 東京都介護支援専門員研究協議会
訪問看護師 東京都看護協会

診療所スタッフ

(看護師、医療ソーシャルワーカー等)

東京都医師会
老人保健施設担当者 東京都老人保健施設協会

 

3.研修内容

(1)オンデマンド講義 ※オンライン(Zoom)講義開始1ヶ月前より講義開始前までに視聴

視聴対象 内容

時間

(目安)

講師(敬称略) 視聴期限

【病院】

受講対象者①②③

 

 

【地域】

受講対象者

①~⑥

 

 

 

1.入退院支援における医師・組織の役割は?

60分

 

調布東山病院

       小川 聡子

研修1日目

開始前まで

 

 

 

 

2.地域みんなで取り組む入退院支援

 

 

90分

 

 

在宅ケア移行支援研究所

      宇都宮 宏子

 

3.東京都における在宅療養の推進に向けた取組等

30分

 

東京都福祉保健局

医療政策部医療政策課

4.エンドオフライフケア・ACP 本人の意向をつなぐ

60分

 

東京慈恵会医科大学

  附属柏病院

       三浦 靖彦

【病院】のみ

受講対象者①

 

 

5.医療と福祉の連携・様々な社会資源・虐待への対応

60分

 

三鷹市大沢

  地域包括支援センター

       香川 卓見

研修3日日

開始前まで

 

 

6.多職種チームで行う入退院支援を実現するために

60分

 

新山手病院

        原田 剛

(2)オンライン(Zoom)研修 ※A・B・C日程とも同じ内容

  A日程 B日程 C日程
1日目 10月5日(火) 11月9日(火) 12月7日(火)
2日目 10月8日(金) 11月12日(金) 12月10日(金)
3日目【病院】のみ 10月14日(木) 11月15日(月) 12月14日(火)

 

日程 時間 内容 講師(敬称略)
1日目

10:00~13:00

 

 

 

1.入退院支援の流れ・連携・協働について 杏林大学保健学部 坂井 志麻
2.連携状況と取組について【演習】

杏林大学保健学部 坂井 志麻

研修企画委員

3.連携の現状と課題解決の展望

 について【演習】

杏林大学保健学部 坂井 志麻

研修企画委員

2日目

9:30~15:00

 

 

 

 

4.事例検討【演習】

 

 

杏林大学保健学部 坂井 志麻

在宅ケア移行支援研究所 宇都宮 宏子

研修企画委員

5.意見交換【演習】

 

 

杏林大学保健学部 坂井 志麻

在宅ケア移行支援研究所 宇都宮 宏子

研修企画委員

3日目

【病院】

のみ

 

13:00~16:30

 

 

6.アクションプランの作成・

      発表

 

 

慶應義塾大学看護医療学部 永田 智子

研修企画委員

 


4.受講申込 

  今年度は締め切りました。

 

本研修に関するお問合せ

公益社団法人 東京都看護協会 事業部
入退院時連携強化研修担当
TEL:03-6300-5398