看護協会

11月6日 産業保健師育成研修会

産業保健師育成研修会

「労働衛生管理の進め方」については、新型コロナウイルスの蔓延により労働環境が大きく変化してい
る状況下において、働き方の改革を進めるために労働衛生管理体制の構築に関する法令について学び、
「性的マイノリティの基礎知識」については、多様な労働者に向き合う産業保健師として、多様な性
のあり方への適切な理解と認識を深め、職場での取り組みについて考えます。産業保健師だけでなく、
労働衛生に関わる看護職、興味・関心もつ看護職の皆さんのご参加をお持ちしています。

 

日  時 2021年11月6日(土)14時00分~16時00分  受付13時30分
会  場 ZOOMによるオンライン研修
対  象 看護職
参 加   費 東京都看護協会会員:2,200円 非会員:4,400円
申込締切 2021年10月22日(金)
プログラム 14:03 講義1「労働衛生管理の進め方 ~労働安全衛生法・安全衛生委員会・就業規則~」
      講師 荒川 輝雄 氏
         独立行政法人労働者健康安全機構東京産業保健総合支援センター
         産業保健相談員(労働衛生関係法令)
      15:03 講義2「性的マイノリティの基礎知識 ~多様な性的指向・性自認について~」
      講師 下平 武 氏
         一般社団法人 性的指向および性自認等により困難を抱えている
         当事者等に対する法整備のための全国連合会(通称:LGBT法連合会)
         事務局長代理
      15:53 まとめ
お申込はこちら

企画 保健師職能委員会

 

お問い合わせ 総務部 shomu@tna.or.jp