他団体のお知らせ

第 9 回日本公衆衛生看護学会学術集会(東京都) 全国保健師長会ワークショップ

「地域に責任を持つ保健師活動の伝承 」
~管理期の保健師による〝みる・つなぐ・うごかす・つたえる〟を実践活動から考える~

全国保健師長会ワークショップでは 、 管理期における人材育成をテーマに活動を進めてきました。
令和元年度は、管理期が各世代や多職種、関係機関等を巻き込み、「育ちあう仕組みづくり」を戦略的にどうすすめるか、ま た、その取り組みを組織的に継続していくために、 「仕掛けづくり」をどう進めるかについて考えました。
今年度は、健康危機管理体制整備における新型コロナウイルス感染症の対応や健康支援活動を通して、管理期としての役割や課題、後輩育成について考えた いと思います。

【日時】視聴期間:令和3年 1月9日(土 曜日) から令和3年 1 月 24 日 (日曜日)
    オンライン集会 :令和 3 年 1 月 24 日( 日 曜日) 13 時 15 分から 14 時 15 分
【挨拶】全国保健師長会 清田啓子 会長
【内容】
▼視聴講義
[ 話題提供]テーマ1:「新型コロナウイルス感染症への対応~統括保健師としての役割を通して~」
            文京区保健衛生部健康推進課課長補佐 木内 恵美 氏
      テーマ2:「災害時の保健活動推進にかかる現場での取組み 本庁・区保健活動グループ の活動紹介~」
            横浜市健康福祉局福祉保健課担当係長 鈴木 由里 子 氏
[ 講義&講評]
「統括的立場から健康危機管理における保健師の役割と、人材育成体制構築における課題と支援のポイントについて」
 千葉大学大学院看護学研究科・看護学部 教授 宮崎 美砂子 氏
▼オンライン集会
意見交換・まとめ コーディネーター:東京都福祉保健局保健政策部 統括課長代理 山科 美絵 氏

 

*参加方法等、詳細はちらしをご参照ください。

第 9 回日本公衆衛生看護学会学術集会