看護協会

共催研修 看護職を元気にする!!ウィズ・コロナ時代の新人にエール ~教育現場と臨床をつなぐ~

共催研修 看護職を元気にする!!ウィズ・コロナ時代の新人にエール
~教育現場と臨床をつなぐ~

 

ウィズ・コロナ時代の新人看護職員教育について、教育現場と臨床現場で想定できること、準備しておくべきことを検討するシンポジウムを開催いたします。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、看護職の国家資格取得を目指す学生が医療機関で実習を受け入れられない状況が続いています。
看護実習を十分に行えない専門学校や大学のみならず、受け入れ側の病院でも、医療を支える人材の育成をどう進めていくかが課題になっています。
ウィズ・コロナ時代の新人看護職員教育について、送り出す教育現場と受ける臨床側が想定できること、準備しておくべきことを検討し、しつかりと“つなぐ”ことをテーマに議論を交わします。

 

[日時] 令和3年1月28日(木) 15時-16時30分
[会場] Zoom(オンライン)/現地50名 公益社団法人東京都看護協会 受講選べます
[参加費] 会員:3,300円 非会員:5,500円
     会員は東京都日本病院会支部、東京都看護協会いずれかの会員の方
[主催] 一般社団法人東京都日本病院会支部・公益社団法人東京都看護協会

 

詳細は共催研修のページをご参照ください。