「対岸の火事とせず第二波の備えを」

 新型コロナウイルス感染症は都内では、1日あたりの感染者数が4日連続で10人以内(5月20日現在)となるなど減少傾向ですが、今なお最前線で現場や地域を守っておられる医療・看護職の皆様には心より敬意を表します。

 また、不幸にもお亡くなりになられた方やご遺族様には心よりお悔やみ申し上げます

 東京都看護協会は4月に入ってすぐ危機管理室を中心に「新型コロナ対策プロジェクトチーム」を立ち上げ、感染発生医療機関の情報収集と、その看護管理者などと直接コンタクトを取り、必要な支援を、主に中小(200床未満)の医療機関を中心に行っています。

 プロジェクトチームには、アドバイザーとして感染管理認定看護師、精神看護専門看護師を招聘し、時に現場に直接出向き、感染管理の指導やメンタル面のサポートなどをしています。

 ホームページでは感染対策に関する動画やQ&Aの配信しており、また、マスクやガウンなどの防護具が不足している病院等には、当協会から必要部数を送っています(これらの防護具は様々な企業や個人の方からもご協力いただいています)。

 

 「ウイルスは確実に存在しており、第二波、第三波の可能性に常に備える必要がある」と15日の参議院予算会議で安倍総理大臣が述べたように、安全で有効なワクチンが開発されない限りこのウイルスとの戦いは続きます。

 今回多くの医療機関がこの感染症患者を受け入れ、一般の医療を制限しながら全力で対応にあたって来られました。しかし、その過程で患者及び医療従事者の多くが集団感染(クラスター)することも起きています。

 

 二度と経験したくない出来事ですが、前述したようにウイルスは無くなったわけではありません。この経験を活かし、第二波が来た時のために備える必要があります。経験していない医療機関では対岸の火事とせず、特に看護管理者は、様々なネットワークを駆使して体制づくりや感染管理などの備えを盤石なものにしていただきたいと思います。

 東京都看護協会でも、プロジェクトチームを通じて看護管理者がどんなことに困っていたか、必要な支援は何か、一度まとめ、皆様にいち早く情報提供できるよう、対岸の火事とせず、第二波に備えたいと思います。一緒に頑張りましょう。

専務理事  渡 邊 千香子