「犬を飼って考えたこと」

私は最近犬を飼いはじめました。パピヨン、♂、生後5ヶ月、名前はジャックです。パピヨン(フランス語で蝶)は明るく活発で遊び好きな犬種です。
蝶のような大きな立ち耳が特徴ですが、実は垂れ耳の犬もおり、これはファーレン(フランス語で蛾)と言い、同じ犬種として認められています。
ジャックは男の子、しかも生後5ヶ月のやんちゃざかりで毎日手を焼いています。
先日の台風19号の日は、激しい暴風雨だったため、これが分かるのか、さすがのジャックも大人しくしていました。
次々出される避難勧告・指示、時間が経つにつれ激しくなるこの雨風の中、餌や水、ゲージを抱えジャックをどのように避難させたら良いか正直悩みました。
ペットを飼っている皆さんはペットの災害対策を何かされていますか?

環境省のホームページには「災害時におけるペットの救護対策ガイドラインが載っています。
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506.html

災害はいつ起こるか分かりません。
ペットの受入可否は避難所によって異なります。
災害発生に備え、ペットを飼っている方は普段から準備し、自分たちの安全だけでなく、ぺットの安全についても考えていきましょう。

総務課庶務係  岡村あづさ