新宿中央公園で青空ランチのすすめ

日中はまだムシムシと汗ばむ陽気ですが、朝夕は爽やかな風が吹き、ふと見上げた空や虫の音に秋を感じるようになりました。

 

新宿中央公園は看護協会会館の入口を出て右に進み熊野神社前の交差点を交番の方に渡るとすぐのところにあります。もともと淀橋浄水場があった場所に新宿副都心建設事業の一環として昭和43年に開園、広さ約8.8ヘクタールで新宿区立の公園としては最大の面積だそうです。

 

看護協会が西新宿に移転してきたころは大規模な改修工事中でしたが、現在は、芝生広場も開放され、お弁当を持ち込んで食べることができます。

 

都会の中で緑の樹木や芝生を眺めながらたべるお弁当はなんだか美味しく感じますよ。時間があれば、新宿ナイアガラの滝、新宿白糸の滝などの施設や四季折々の草花などを散策するのもおすすめです。

 

これからの過ごしやすい季節、研修などで会館にお越しの際は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

総務課 総務・人事係 三原


新宿ナイアガラの滝

 


ランチスペース

 

 


展望テラスからの眺め