大人の階段♪

今年米寿を迎える母を見るにつけ、随分老けてしまったなぁと溜息の毎日です。コロナ禍であまり動かなかったため、みるみるうちに歩行困難になってしまいました。食欲は旺盛ですが糖尿病予備軍のため、食べ過ぎないように見守っています。昼寝をする時間も長くなり、神経痛で痛がることも多くなりました。週3日のデーサービス以外は自宅で父と過ごしていますが、5分毎に「今日は何曜日だっけ?明日はどこへ行くんだっけ?」と聞く母に、忍耐強く答える父。「今日は〇曜日!明日はデーに行く日だよ」

そんな父に労いの言葉をかけると「今までいろいろ苦労かけたから。。。」

どうやら、懺悔の日々!?を送っているようです。

 

ついこの間、私自身も娘に「ママ、老けたね。」と言われました。顔のしみ、たるみ、白髪が目立つようになり、自分でも鏡を見るのはウンザリで、マスクが重宝しています。最近、外見だけでなく、五十肩、肘の関節痛、老眼、白内障、睡眠障害にも悩まされ、老いの階段を着々と上っております。

 

また、心や行動にも変化が訪れました。物事に対するこだわりがなくなったり、独りで過ごす時間を大切にしたり、価値観もだいぶ変わってきたように思います。とはいえ、断捨離ができない自分は、まだまだ執着心が強いのかなと分析しているところです。般若心経で言う「空」の思想でしょうか。全てのものには実体がないということです。この執着心をなくすことができれば、大人の階段を上っていけるのだと信じてやみません。

 

これからは「老いの階段」だけでなく「大人の階段」を上っていけるよう日々精進したいと思います。

事業部 久保田かをり