「野菜作りに挑戦」

 野菜を作り始めて今年で3年目です。
 最初の年は、教科書を片手に鶏糞や石灰を蒔き土を掘り起こし、土作りと苗床の作成です。品種を吟味して種や苗を購入し、植えてみました。かろうじて家族でたしなむ程度の収穫でした。味は???
 2年目からは、近所の方から小型耕運機を借りて、土作りと苗床を改良。しかし、スイカはほぼ全滅、かぼちゃ・トマトは不作、スナップエンドウは採れ過ぎ等、さすが素人! 加減がわからず四苦八苦しました。そこで、耕運機の活躍。1回ではなく、歩くとふわふわするくらい何回も耕運機で耕し、今年は10種類以上の野菜作りに挑戦してみました。
 ここまでお読みいただくと、すべて私が手掛けたかのようですが、主体は長男夫婦です。
 野菜作りといえば、雑草との戦いといっても過言ではありません。刈っても刈っても時には野菜より元気な雑草です。そこで草取りが私の担当。私は草取りが好きです。小学生の頃今は亡き母から、「コツコツときれいに刈ってくれるので助かる」と褒められたのが嬉しかったことや、草取りは無心になれる・きれいになった後は満足感や達成感が得られるからです。また何よりも、昨年春に誕生した孫の離乳食作りには、取り立ての新鮮な野菜が欠かせません。可愛いお嫁ちゃんが担当。成長に合わせて作っている離乳食をパクパク食べる孫の笑顔に癒され、草取りに励んでいます。
 そして、野菜の収穫。秋から春にかけ大きくなった白菜やキャベツ、栄養豊富なほうれん草が採れたときは感動しました。夏には大小さまざまな玉ねぎ、赤く熟したトマトや艶やかな色の茄子、今年はカボチャもスイカも沢山収穫できました。
 まだまだ未熟で収穫量の調整や美味しさの追求等学ぶ点が多くあり、好きな草取りは土と戯れる・ストレス発散の域を脱しませんが、挑戦してみたい野菜は沢山あります。
 今年度限りで仕事の満期を迎え、来年からは野菜作り一筋(?)を楽しみにしている今日この頃です。

確保係 金沢