「6月24日通常総会終了」

 日頃、東京都看護協会のホームページをご覧下さり、また、当会の活動にご支援を賜り感謝致します。

 

 おかげさまで、例年通り令和3年度通常総会は6月24日(木)に開催することができました。今回も昨年に引き続き新型コロナウイルス感染症蔓延防止対策のため、参加者を代議員から委任された代表の方と役員に限らせて頂きましたが、会員からの事前の質問に対応するとともに、招集通知に従い滞りなく終了することができました。会員の皆様にこの場をお借りして御礼とご報告を申し上げます。

 

令和3年度事業運営方針及び事業計画について

1.新型コロナウイルス感染症拡大蔓延と対峙する看護職を支援する

2.コロナ禍において地域包括ケアの実現を支える看護職間の連携を強化する

3.看護職の資質の向上を牽引し、看護職の役割拡大に寄与する

4.看護職の就労促進と働きやすい職場環境改善を支援する(プラザ事業)

5.看護職の職能団体として組織を強化し「看護の知の拠点」としての役割を果たす

 

 また、本年度の役員の改選で保健師職能から前年度副会長の佐川きよみ氏が常任理事に就任いたしました。保健所での豊富な経験からコロナの収束や公衆衛生活動の展開に活かしていただけると期待しています。

 7月は更に、四師会(医師会・歯科医師会・薬剤師会・看護協会)で立ち上げた「職域のワクチン接種の支援」、「歯科医師のワクチン実技研修」、「オリパラの感染対策と支援」等を実施し、公益法人として様々な人々の期待に応えられるよう役員・職員が一丸となって乗り切って参ります。

 どうぞ皆様方からのご協力・ご指導よろしくお願いいたします。

会長 山元惠子