新年のごあいさつ

日頃、東京都看護協会ホームページをご覧の皆様、新年あけましておめでとうございます。

2021(令和3)年は、昨年来から引き続き新型コロナウイルス感染症の拡大と蔓延による全国規模での医療体制の危機と、首都圏の緊急事態宣言をめぐり混とんとした幕開けとなりました。また、看護職にとりましても新型コロナウイルス感染症の対応に追われ職場や家庭でもこれまでにない厳しい状況下で、「とても新年を祝う気持ちになれない」というのが正直な気持ちではないかと推し量っております。

当協会では、本年の前半はこの第三波の収束を目指し、感染者が減り、医療機関や保健所等の看護職が少しでも激務から解放される日を願い活動をして参ります。

また、年の中盤には、不透明ではありますが7月からの東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催予定です。人類が初めて経験するコロナ禍のパンデミック状況下での大会は、これまでと全く異なった方法や厳格な感染防止対策が求められ、医療・看護職の活動は必須です。日本の看護力を世界に向けて発信することも首都東京の看護協会の役割の一つであると考えております。

どうぞ皆様も、自己免疫力をあげ、ポジィティブにコロナに打ち勝つ工夫を考え、感謝と希望をもち、予防対策を各職場で順守し、ワクチンと重症化予防薬の開発に期待いたしましょう。

 

 

さて、改めて昨年協会内で実施した新型コロナウイルス感染症対策の活動を振り返ってみますと、通常の業務以外に以下の新型コロナウイルス感染症対策ファーストで看護職の皆様を支援してまいりました。

 

・4月には、当協会の危機管理室内に「新型コロナ感染症対策プロジェクトチーム」を立ち上げ、外部専門家を招聘し、迅速に支援を実施しました。

(1)看護職に対して新型コロナウイルス感染症の最新情報をWeb配信

(2)新型コロナウイルス感染症相談窓口の開設(WEB上)

(3)クラスター発生病院への管理、感染、実務支援の看護職派遣

(4)メンタルサポート相談窓口の開設と出張相談

(5)感染管理に強い看護職の育成を目指し、寄付講座の開設

 

・教育部、事業部、ナースプラザでは、研修とイベントの開催方法見直し

(1)実務実践研修・認定看護管・語学研修はWebと対面のハイブリット型研修実施

(2)看護学生看護研究学会・看護研究学会はWebによるライブ開催

(3)東京都受託事業はオンデマンドによるオンラインと対面グループワーク実施

(4)保健師の疫学調査や電話相談事業の教育研修支援

 

・総務課では協会内の環境整備及びテレワークの準備と支援

(1)医療機関、クリニック、看護学校・看護系大学へのマスク等医療用物資の無償提供

(2)一般の皆様からの支援金の受付

(3)職員のテレワークの実現と労働衛生及び労務管理支援

(4)新型コロナウイルス感染症対応に関する活動の広報

(5)新型コロナウイルスに感染した看護職の見舞金制度の創設

(6)協会職員の大阪・旭川の病院への応援看護師の派遣

 

当協会においては、このように社会と会員のニーズとウオンツに応え行動し、あらゆる有事に備えて組織的に取り組んできました。これもひとえに会員の皆様からの温かい励ましと後押しがあったからこそと感謝申し上げます。

本年も引き続き、約5万人の会員を有する看護職能団体として、東京都並びに東京都医師会、日本看護協会とのさらなる連携に努めながら先駆的、先進的な対策と活動の推進を図ってまいります。

本年もよろしくご支援、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

会長 山元 恵子