初めての味噌作り

2020年4月に東京都看護協会に入職し、「西新宿からこんにちは」に初めて投稿。

1週間前から何を書こうか悩みの日々。テーマを求め、本棚やクローゼットの中を物色。過去に撮った写真からテーマが見つからないかと、いろいろ探してみたものの、どれもピンとこない。

『どうしよう、明日が締切り・・・』と気持ちが落ち着かない中、夕食の準備で冷蔵庫を開けた瞬間、『これだ!!』とテーマを発見。

と、前置きが長くなってしまったが、初めての投稿は、『初めての味噌作り』と決めた。

昨年12月、私は友人宅で味噌の作り方を教わった。

大豆を準備し、大豆を柔らかく煮るところまでは、友人が準備しておいてくれた。作り方の手順は、簡単には以下の通りだ。

① 粗塩と麹を混ぜ合わせる

② 柔らかく煮ておいた大豆をつぶす

③ ①と②を丁寧に合わせる

④ 味噌球を作る

⑤ 容器に、味噌球を空気が入らないように叩き入れていく

⑥ ⑤の味噌の上にカビ止めの粗塩を振り、空気を抜きながらラップでする

⑦ 5月半ば、⑥の味噌を容器からすべて取り出し混ぜ合わせて、再び容器へ戻す

⑧ 7月上旬ごろ、味噌の出来上がり

出来上がった味噌はまだ塩味が強く、今はタッパに小分けにして冷蔵庫の奥で保存している。新型コロナウイルスに負けない体をつくるためには、免疫力をアップさせることが良いといわれているが、毎日、『面白い動画を観て声を出して笑う』、『半身浴で体温を上げる』ほか、これからは、手作り味噌(発酵食品)を食べ、免疫力のアップにつなげたいと思っている。

総務課庶務係 小泉貴和子

 

 

完成したお味噌