「希望を持って」

 4月7日の緊急事態宣言から2週間が経過しようとしています。このたびの新型コロナウイルス感染症への対応のため、日々厳しい状況と闘い、医療を支えてくださっている皆様に心より感謝申し上げます。

 

 当協会では、今年度から「研修計画」をお一人おひとりに手に取っていただけるよう、冊子からタブロイド版に変更しております。

 3月末には、皆さまのお手元に新しい「研修計画」をお届けしました。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症への対策として、「実務実践能力の向上に関する研修」「認定看護管理者教育課程ファーストレベル第1回」「外国語会話研修」等、一部の研修の中止や延期をしてまいりました。

 また、「図書室」も現在は閉室とし、電話でのお問い合わせにより対応させていただいております。

 

 現在はこのような状況ですが、今後は、オンライン研修等、このような状況でも実施可能な形態で皆様にお届けできるよう、様々な方法を検討したいと考えております。

 今後の変更については、ホームページやメール等で随時お知らせしていきますのでご確認くださいますようお願いいたします。

 

 日々医療現場の現状を耳にするたび、新型コロナウイルス感染症終息の兆しを求め祈るような気持ちです。

 私たち一人ひとりにできることを考え、希望を持って何とかこの状況を乗り越えていきたいと思います。

教育部  滝 口 珠 子