「サッカーママ」

「サッカーママ」って聞いたことがありますか?

サッカーをする母親の事ではなく、サッカーをする子どものいる母親の事を言うそうです。

私も2人の息子がサッカーをするのでサッカーママの一人です。

私がサッカーを知る記憶は、小学生時代のJリーグ開幕と看護学生時代の日韓共同開催のワールドカップです。その頃の私は、プレーはもちろんの事、ゴールを決めるために11人でボールを蹴るスポーツくらいの認識で、ルールさえよく知りませんでした。

息子がサッカーチームに入った頃は、ルールもわからずやったこともないのに親として、色々口出しをしてよく怒られたものです。

そんな私ですが、息子の頑張る姿、活躍を楽しみにグラウンドに通い続けて4年たつと、サッカーがとても奥深いスポーツである事がわかり始めた所です。

ボールをドリブルする、キープする、仲間とパスをしながらゴールを目指すわけですが、その中で目の前には相手がいます。体格の差があるとすぐに飛ばされ、ボールを奪われるなんてことも少年サッカーではよく起きます。そんな中で周りをみる力、瞬時にパスかドリブルかシュートか判断する力、ボールを操る力などなど・・・多くの能力を求められるスポーツだと思います。

プロのサッカー選手のプレーを観る事も楽しいのですが、サッカーをする子ども達を観ていると、ここからいつか世界に羽ばたく可能性を秘めた原石がいるかもしれないとワクワクさせられるのです。

小学1年生の終わりのころチームに入った長男は、こつこつと努力を重ねるタイプです。DVDや本で足技を研究し、徐々に習得していきます。時にその姿には母親の私もびっくりさせられます。

小学5年生になった今、小柄で決して目立つ主力選手とは言えません。しかし彼が日々努力した成果が発揮される時は胸を打たれる瞬間でもあります。今はもう「お母さんは観に来るの?良いよ、来ないで」なんて言われる事もありますが、子どもの逞しく成長する姿をみたくてグラウンドに通っています。

いつまでも息子たちのファン1号は私です!!

千駄木訪問看護ステーション城北事業所  高田 理絵