令和元年度自衛消防活動審査会への参加と、もしものときの備え

令和元年9月10日に新宿消防署で開催された、令和元年度自衛消防活動審査会に参加しました。
移転前は、管轄だった牛込消防署で例年自衛消防審査会に参加していましたが、今年度は新宿消防署管轄区域に移転して初めての参加でした。
審査されるシナリオは救命処置と屋内消火栓を用いた初期消火がメインであり、手順通りに確実に、そして早く実施することが求められます。
当協会の自衛消防隊3人の所属部署は異なりますが、業務の合間を縫って、手探りで練習を重ね本番を迎えました。
私たちが参加する女性の部は12隊が参加しましたが、ホテルや商業ビル、鉄道会社など、人命を守らなければならないという使命を持つ団体が多く、その意識が高い地域であることを知る機会となりました。
上位3位までの入賞は果たせませんでしたが、練習を積み重ねたことにより、初期救命処置や初期消火で必要な行動の根拠を理解し、繰り返し訓練して身につける重要性を再認識できました。

火災だけでなく、自然災害時も初動が重要であることはすでにご存じのとおりです。
9月、10月と、関東甲信越地方や東北地方にも相次いで台風が直撃し、大きな被害が発生しております。東京都内でも道路寸断により孤立した地域、河川の越水で浸水被害を受けた地域があります。被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
どのような災害でもそうですが、被災直後は気が動転し、「これからどうしよう…」「どこに相談してよいかわからない…」という状況になります。今回の水害の場合は、震災がつなぐ全国ネットワークが発行している「水害にあったときに~浸水被害からの生活再建の手引き~」に、被災後の手続きや家屋の片付けについてのポイントなど、わかりやすく掲載されています。(冊子は震災がつなぐ全国ネットワークのホームページからダウンロードできます。)もし、被災された地域にお住いの方が身近にいらっしゃったら、ぜひ情報を提供して支えてあげて下さい。そして被災されなかった方も、都内にお住まいの方は東京都から「東京防災」が各戸に配布されています。災害から身を守るためのノウハウが記載されていますので「自分にとっての備え」を見直してみてください。

当協会事業部では、このような情報提供を含め、今後も地域の皆様の健康を支える事業を展開していきます。

事業部 鴨田 玲子

「水害にあったときに」~浸水被害からの生活再建の手引き~