「語学学習のすすめ」

 私は中国語をもう何年も習っています。あまり上達していませんが、‘継続は力なり’を信じて続けています。
 以前習っていた教室は、年齢構成バラバラ、キャラ色々、楽しい人たちが集まり、何といっても受講料が格安ということもあり続けてきました。そんなクラスですが、先生も含め皆緩~い感じなので、それに甘えて努力せずただ単に続けていた感がありました。
 そこで一念発起、上達するためには自分を追い込まなければと思い立ち、今年の1月からプライベートレッスンを始めました。もちろんその分お金はかかりますが、そのため自分自身がより主体的に取り組むようになりました。
 週1回のペースは以前と同じですが、次週までの課題が必ずあり、いやが上にも自己学習する必要があります。大体はレッスンの2~3日前に集中して課題に取組みます。帰宅が遅いと嫌になりますが、この間だけは大好きなお酒も止め、睡魔と闘いながら中国語CDを何度もリピートして聞き、音読しています。
 何事も、楽しく学ぶことが必要ですが、楽をしての上達はないというのが実感です。他言語を学ぶことは、文化や習慣の違いが理解できます。また認知症予防や集中力を高めることにも効果があると言われています。ぜひ、皆さんも今から初めてみませんか。
 ちなみに東京都看護協会では英語、中国語、韓国語の語学研修があります。詳しくはHPをご覧ください。

専務理事 渡 邊 千香子