東京都ナースプラザ・ナースバンク東京は西新宿へ移転しました

東京都ナースプラザ 大田 敦子

 

「3月と4月は別れと出会いの季節。」

東京都ナースプラザ・ナースバンク東京は、飯田橋の東京都看護協会の会館に別れを告げて、4月1日9時から西新宿四丁目の看護協会新会館で新たな一歩を踏みだしました。

 

これまでのナースバンクの歩みを振り返ると、昭和50年10月、東京都衛生局医務部看護課の中で、労働局と連携して未就業者の就業を支援することから事業が始まりました。

その後、昭和56年、日本看護協会東京都支部(現東京都看護協会)が事業を受託し、日本看護協会西館4階(現原宿日本看護協会)に、無料職業紹介所として事業所を開設しました。

 

平成5年10月、バンク事業・研修事業・普及啓発事業を加えた「東京都ナースプラザ」の事業を東京都看護協会が受託。手狭になった原宿の会館から、日本薬学会「長井記念館」の6F~8Fへ移転しました。

渋谷にあったこの記念館で研修や、図書室の利用をされた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。飯田橋の会館へは平成11年10月に移転しました。

 

そしてナースバンク誕生から約44年の歳月と、4回の別れと出会いを繰返し、西新宿の新たな地で事業を開始しました。

東京都看護協会の階段を上がって、左手のエレベーター若しくは階段を上がった2階に、看護協会窓口とその右側にナースバンクの入口があります。

 

4月看護職としての新たな出会いを探しに、是非足を運んでみてください。4月中にナースバンク東京へ来所された皆様にはオリジナルグッズをプレゼント中です。

求人施設の方も求人パンフレットをお持ちになっておいでください。お待ちしております。

 

 

2階 ナースバンク東京 入り口です。

 

東京都看護協会入り口で 階段を上がると 1階でエレベータか階段で2階まで