目の健康を守ります

看護フェスタ事務局より

2018年4月4日(水) 看護フェスタ事務局通信

看護フェスタでは13団体が参加し、測定、相談、体験などさまざまなコーナーを設置します。
本日は、参加団体の「日本視能訓練士協会」をご紹介します。

皆様の目の健康を守る視機能のスペシャリストです。

視能訓練士をご存じですか?
人間の一生に関わる「目」の健康管理。
視能訓練士は赤ちゃんからご高齢者まで世代を超えて皆様の目の健康を守るお手伝いをする国家資格を持った眼科領域の専門技術者です。
主な業務は、眼科でおこなう多くの視機能検査、遠視や乱視による弱視及び目線がずれた斜視に対しての視能向上のための訓練、および眼の病気が原因で視機能が低下した方への視力や視野の活用を支援しています。また乳幼児健診や成人健診でも活躍しています。

[コーナーのみどころ]
[視力検査]
視力検査は見え方を評価するための大切な検査です。
裸眼視力やご自身の眼鏡やコンタクトレンズでの視力をお測りします。

k_fes16_img_jaco1.JPG

 
[見えにくさ体験]
視力が低い状態、かすんで見えにくい状態、視野が狭い状態を特別なゴーグルを装用し見えにくさを体験することで、目の健康の大切さを理解し「視覚障害」を持つ方の不自由さを実感していただけると幸いです。

k_fes16_img_jaco1.JPG

 

見過ごしがちな目の異常、目の健康を守るスペシャリストである視能訓練士の方々からのアドバイスを受けてみませんか。

[公益社団法人日本視能訓練士協会に関する詳細は 公式WEBサイトへ]

公益社団法人日本視能訓練士協会


[看護フェスタ開催情報]

【会場】新宿西口広場イベントコーナー(新宿駅西口地下1階)
【日程】2018年5月12日(土)
【時間】12時開場 16時終了予定

看護フェスタのことをもっと知っていただくために、「看護フェスタ事務局通信」として
看護フェスタ開催日5月12日(土)の前日11日(金)まで、随時更新していきます。

参加団体のご紹介や新しいコーナー、みどころ情報などを掲載予定です。是非チェックしてみてください。

pagetop