ケガをしない運動のポイント

看護フェスタ事務局より

2018年4月20日(金) 看護フェスタ事務局通信

看護フェスタでは13団体が参加し、測定、相談、体験などさまざまなコーナーを設置します。
本日は、参加団体の「公益社団法人東京都理学療法士協会」をご紹介します。

ケガをしない運動のポイント

理学療法士は、病気やケガ、高齢などにより運動機能が低下した人達に対し運動機能の維持、改善を目的として、運動を提供していきます。
本団体は、東京都における理学療法の普及および向上を図るための職能団体です。

[コーナーのみどころ]

 [理学療法士の運動相談]
セルフチェックを行い、ご自身の身体能力を把握していただき、どんな場面で転倒しやすいのかを理解していただきます。
その後、転倒しないために家でもできる運動を一緒に行っていきます。

病気やけがなどで日常生活に不便を感じている方、身体づくりと生活動作の専門家である理学療法士にぜひご相談ください。

[公益社団法人東京都理学療法士協会に関する詳細は 公式WEBサイトへ]

公益社団法人東京都理学療法士協会


[看護フェスタ開催情報]

【会場】新宿西口広場イベントコーナー(新宿駅西口地下1階)
【日程】2018年5月12日(土)
【時間】12時開場 16時終了予定

看護フェスタのことをもっと知っていただくために、「看護フェスタ事務局通信」として
看護フェスタ開催日5月12日(土)の前日11日(金)まで、随時更新していきます。

参加団体のご紹介や新しいコーナー、みどころ情報などを掲載予定です。是非チェックしてみてください。

pagetop