看護職の皆様へ

研修に関する概要

Ⅰ 東京都看護協会における教育の基本方針

1 教育理念
東京都看護協会は、看護職のキャリア開発と自律を支援し、変化する社会のニーズに対応した質の高い看護を提供できる人材を育成する。

2 教育目的 
1)看護専門職として、多様なヘルスケアニーズを持つ個人・家族及び地域住民に対して質の高い看護サービスを提供できる能力の向上をめざす。
2)自律した看護専門職の育成と組織を活性化できる看護管理能力の向上をめざす。
3)実践した看護を検証し、看護の質向上に寄与できる研究に取り組める能力の向上をめざす。

3 教育の枠組み

Ⅱ 教育部における教育のコンセプト

教育部では看護職の皆様と共に、看護の質の向上を共に目指すPartners(相棒)であることを念頭に8つのキーワードを基本として研修計画を企画・立案しています。現場と乖離しない実践に即した研修を提供することで、①自ら考えて行動できる②組織的役割を遂行できる、③戦略的に行動できる看護職の育成をめざし、看護専門職の生涯学習を支援します。

1 構成要素:(8つのキーワード) P a r t n e r s 【パートナーズ】

 

2 実務実践能力の向上に関する研修のカテゴリと目標

  あらゆる施設や場で実践する看護職が、施設内教育と個々の学習ニーズ併せて選択できること、また、施設の戦略ニーズに応じた人材育成のための選択が可能な研修区分を提示しています。

  

 

 

pagetop