協会概要

今年度事業計画

事業運営方針

平成29年度は、定款に掲げる6つの事業の実施にあたり、下記の4点に重点をおいた取組みを行う。

  1. 地域包括ケアの推進
    少子高齢化の進展により医療は病院から地域・在宅への地域完結型へと変化し、医療・介護サービスの提供体制の一体的な確保にむかっている。認知症高齢者対策、多職種連携、訪問看護の強化等、医療と介護の連携と地域包括ケアを推進する取組みをさらに強化する。
  2. 看護職の資質の向上・人材育成
    1)地域包括ケアを推進するためには、急性期から在宅のどの場であっても専門性に基づき適切な判断ができる人材の育成が重要である。看護職の資質の向上を図るための教育や施策を通し、専門職としてのいい人材が育つよう支援する。
    2)グローバル化の進展への対応‐諸外国との教育交流や会員への国際情勢等の情報提供を行うとともに外語対応可能な看護職の育成を支援する。
  3. 看護職の確保定着
    病院・施設や在宅・地域およびへき地の医療・介護現場で働く看護職が健康・安全で働き続けられるよう勤務環境改善を支援し定着を図る。それとともに届出制度利用促進を図り、効果的な就業支援を推進することで看護職の潜在化防止、定着を支援する。
  4. 看護職のネットワーク強化
    就業場所別の看護職の課題を把握するとともに必要としている情報を提供し、都内看護職のネットワークを強化し組織化をさらに推進する。

1.看護職の資質の向上に関する事業〔定款第4条(1)〕

看護職が日々高度化する看護業務に従事する為、加えて看護を提供する多くの場面に必要な学習として継続的に実施する教育である.専門職としての基礎的知識・技術、医療の質と安全の確保、5疾病5事業および在宅領域に関連した国の政策等と連動した研修、管理・リーダーシップ能力等の向上を目指した研修を実施する。

1.継続教育の実施に関する事業

  • 1)実務実践能力の向上に関する研修
    • (1)看護実践※1
    • (2)教育・指導※1
    • (3)マネジメント※1
    • ※1 上記3カテゴリ 計93研修(日看協インターネット研修含む)
      (医療安全管理者の育成 医療安全管理者養成研修含む)
    • (4)訪問看護師育成基本コース;30日間・定員30名(ナースプラザ研修)
      訪問看護研修ステップⅠ eラーニング研修:30名
    • (5)職能別(保健師、助産師、看護師・准看護師)
    • (6)地区支部研修の開催
  • 2)実務実践マネジメント能力の向上に関する研修
    • (1)認定看護管理者教育課程
      ファーストレベル 定員70名 7科目 150時間
    •              第1回目 平成29年5月8日~6月30日
    •              第2回目 平成29年10月30日~12月20日
    •    セカンドレベル  定員30名 5科目 180時間 
    •              平成29年7月24日~10月20日
    •    サードレベル   定員30名 5科目 180時間 
    •              平成29年7月3日~9月28日
    • (2)保健医療政策に関する研修
  • 3)看護教育実践能力の向上に関する研修
    • (1)東京都新人看護職員研修責任者・教育担当者研修(東京都受託事業)
       定員150名  1日間  各2回  計4回
    •    開催期日:6月29日、7月12日  10月4日、10月11日
    • (2)実習指導者研修(ナースプラザ研修)
       定員75名  40日間   3回
  • 4)教育計画の配付:会員および会員・非会員施設に送付

2.継続教育における職能の専門性向上のための事業

各職能の専門性向上のための取り組みを行う。

  • 1)各職能の実践能力向上や機能強化のための研修や指針等の周知・普及
    • (1)保健師
    •     中堅期保健師コンサルテーションプログラム実施体制整備
    •     ・運営のための準備委員会等の設置 
    •     ・平成30年度実施要領等の作成、募集
    •     ・産業保健師学習会
    • (2)助産師
    •     研修・学習会
    •     ・新人助産師研修
    •     ・助産実践能力向上のための研修
    •     ・産科管理者交流会 
    •     ・子育て支援協力員学習会  
    •     助産師出向支援導入事業(東京都受託事業)
    •      よりよい助産ケア提供に向け出向を活用し助産実践能力の強化を図る。
  • 2)認定看護管理者・専門看護師・認定看護師(以下、認定看護職)の活動支援
    • (1)認定看護職活動支援
    • (2)認定看護職研修会の開催

3.学会開催

看護実践に根ざした看護研究の支援や看護職の学術研究振興のために、看護研究学会を開催する。

  • 1)看護学生看護研究学会
    • 開催期日:平成29年11月28日(火)
    • 場  所:文京シビックホール
    • 内  容:口演発表、示説発表、特別講演、学生交流ひろば
  • 2)看護研究学会
    • 開催期日:平成30年1月20日(土)
    • 場  所:日本教育会館
    • 内  容:口演発表、示説発表、特別講演、シンポジウム、看護用具創意工夫

4.看護研究助成

  • 1)看護研究のレベルアップを図るための支援(※共益事業)
    • (1)先駆的研究助成:1件30万円を限度に3件以内
    • (2)看護実践の向上や改善に役立つ取り組み:1件3万円を5件以内
    • (3)海外発表助成:1件30万円 2名以内
    •   看護研究学会発表演題を海外での発表へとステップアップ

5.図書室の運営

看護分野における専門図書室として、関係図書資料及び看護文献に関する資料の収集を図り、利用者が必要とする情報の提供を迅速に行う。

  • 1)図書室の効率的な運営と管理機能の適正化
    Web検索の迅速化
  • 2)蔵書の充実

6.その他看護職の資質向上に関する事業

グローバル化の進展に対応できるよう体制整備に取り組む。
また、国内外の視察・見学および他国からの視察要請を受け入れるなど、国際交流活動を通して看護職の資質の向上を図る。

    1)他国との教育交流
         (1)ソウル特別市看護協会との交流(来日)
             開催期日  平成29年10月30日(月)~11月3日(金)
             交流テーマ 調整中
         (2)北京看護協会との交流-(来日)平成29年6月9日(金)
    2)外語対応可能な人材の育成
          看護英語コミュニケーション力向上のための学習支援
           初心者向け英会話研修-第1期~4期 1コース10回
             開催期日:第1期 平成29年4月25日~7月 6日
                  第2期 平成29年7月18日~9月28日
                  第3期 平成29年10月10日~12月21日
                  第4期 平成30年1月9日~3月15日
             場  所:東京都看護協会 教室
    3)国内外の学会および国際情勢等の情報提供
         (1)国内外の学会情報の提供
         (2)海外ボランティア活動希望者への国際情勢等の情報提供や側面支援を行う。

2.看護業務の開発・改善及び情報提供に関する事業〔定款第4条(2)〕

看護に係る調査・研究による最新情報の発信、看護職の役割変化等に関連した看護業務の開発・改善・普及啓発、および医療安全や看護に関する新しい知見等の情報提供を行うとともに課題提言を行う。

1.看護業務の開発・改善に関する事業

  • 1)看護業務の開発・改善に資する各種調査の実施
  • 2)資料の収集、データの蓄積
  • 3)業務改善・開発および政策提言のための資料の作成

2.医療安全推進事業

医療の質と安全確保のための情報提供を行う

  • 1)医療安全推進のための都民公開講座
    「医療安全フォーラム」の開催
    • 開催日:平成29年11月18日(土)予定
    • 場 所:東京都看護協会 会館
  • 2)医療事故調査制度における支援団体としての活動
  •   協力依頼への対応、医療安全に関する情報提供
  • 3)医療安全相談窓口の紹介
  • 4)医療安全関連情報の提供

3.看護管理者・教育責任者交流事業

看護管理者・看護教育責任者が抱える問題を把握するとともに、解決策を検討し組織運営に活かす。

  • 1)講演会・交流会の開催
    • 開催期日 第1回目:平成29年  夏頃
    •      第2回目:平成30年2月予定
  • 2)東京都看護管理者連絡会との情報共有・情報交換会開催予定
  • 3)情報提供

4.各職能に関連する情報提供と交流事業

各職能が交流することで、保健・医療・福祉に関する最新の知見や各職能の課題について情報交換・情報共有し、看護職の専門性強化や社会への課題提言を行う。

  • 1)職能交流集会の開催
    •  開催期日:平成29年7月15日(土) 13:30~17:00
    •  場  所:東京都看護協会会館
    • (1)各職能の活動についての情報共有
    • (2)三職能合同職能交流集会
      テーマ 「地域包括ケア時代における看護職の役割(仮)」
      基調講演及び各職能からの実践報告
  • 2)准看護師交流および情報提供事業
    • (1)進学支援
      「看護師学校養成所2年課程」への進学支援
        -進学情報の提供(説明会開催)および進学のためのフォローアップ
      開催期日:平成29年7月4日(火)
      会  場:東京都看護協会会館
    • (2)交流会の開催
      開催期日:平成30年2月20日(火)
  • 3)新しい看護の役割拡大に関する情報収集と発信
        看護師特定行為研修制度の周知及び理解促進を図る。
        看護師職能委員会企画 講演・実践報告
         開催期日:平成29年7月15日(土)10:00~12:30
          基調講演 「特定行為に係る研修制度について(仮)」
                      講 師  洪愛子氏
          実践報告 特定行為研修に係る実践報告(仮)
             看護管理者、実践者‐病院・訪問看護の立場から

5.広報活動に関する事業

看護職および都民に対して協会活動・事業案内・医療情報・看護情報・看護職の意見等様々な情報を提供する。

    1)あらゆる機会を使ったタイムリーな情報発信
       (1)広報紙の発行(※共益事業)
         会員向け 会報「看護とうきょう」NURSING in TOKYO
        最新の医療看護情報や協会活動についての情報を発信するとともに会員相互が交流を図る機会となる会報誌の作成
         ・発行期日:①1/20 ②7/20 A4判20頁~24頁
         ・発行部数:①②約50,000部(各会員に1部及びPR用)
       (2)ホームページの充実
         ・会員へのホームページの活用方法の周知、活用推進
         ・ホームページ掲載内容の充実
          看護に関する新情報や健康情報等をタイムリーに発信する。
       (3)卒業前看護学生へ専門職能団体の役割等の紹介
         パンフレットの配布、協会活動の紹介(6,000部)

3.看護職の人材確保と定着推進に関する事業〔定款第4条(3)〕

都内の看護職の確保および定着の他、看護の普及啓発を図る取り組みを行う。
(東京都委託事業を東京都看護協会が受託し東京都ナースプラザが実施する)

1-1)~4)、2、3-1)2)は東京都ナースプラザが実施
※1-5)6)7)8)、3-3)4)は東京都看護協会が実施

1.就労促進と働きやすい職場環境改善支援に関する事業

  • 1)無料職業紹介(ナースバンク) (飯田橋・立川)
    • (1)利用者ニーズに応じた再就業支援
       ア 「eナースセンター」の活用による再就業支援
       イ プランニングシートを活用した就業支援の充実
       ウ 就業機会促進の場の提供(求人施設とのマッチング)
         ・ふれあいナースバンク(再就職相談会)の開催
         ・ミニ就業相談コーナーの実施
       エ 看護技術の再学習・再確認
         ビデオ・体験コーナーの活用についての周知と充実(ナースバンク東京・立川)
       オ 再就業者数の正確な把握
       カ 人材確保・定着のためのセミナー、研修等の開催 年2回
       キ 東京労働局・ハローワーク・区市町村等との連携強化
         相談事業の継続・拡大。求人・求職情報の共有・活用
  • 2)届出制度の周知-研修機会や看護専門学校への働きかけ
    • ・退職時のナースセンター登録努力義務化の推進
  • 3)看護職員地域確保支援事業;潜在看護職対象に復職を支援する。
    • ・地域就業支援病院の募集、復職支援研修の実施
  • 4)東京都看護職員定着促進のための巡回訪問事業
    200床未満の病院を対象に、就業協力員が巡回訪問し、勤務環境や新人看護職員研修体制・院内教育体制構築やサテライト研修等の取組みへの支援を行う。
  • 5)訪問看護人材確保事業 (東京都委託事業)
    • ア 訪問看護フェスティバルの開催
        開催期日:平成30年1月13日 (土)
        場  所:東京都庁第一本庁舎5階大会議場
    • イ 訪問看護に関する情報提供のためのパンフレット、グッズ等の作成・配布
  • 6)島しょ看護職員定着促進事業(東京都受託事業)
       (1)出張研修の企画・実施
       (2)短期代替看護職員派遣
  • 7)勤務環境改善支援推進事業
    看護職の働く環境の改善・整備のための支援を行うことで看護職の定着・離職防止を目指す取り組み
       (1)労働環境改善のための支援‐勤務環境改善支援センターとの連携
       (2)看護補助者の活用支援
  • 8)セカンドキャリア支援事業 (東京都受託事業)
       定年退職前の看護職を対象としたセカンドキャリア支援事業
        (1)テキスト作成
        (2)講習会の開催 (年6回予定)

2.研修事業

  • 1)就業意欲を高める研修
  • 2)資質向上・定着促進にむけた研修
  • 3)訪問看護師・実習指導者のための研修(再掲)
    保健師助産師看護師実習指導者研修(特定分野)
              定員40名 7日間
  • 4)再就業支援研修
    受講者へふれあいナースバンク参加を促す等、研修とナースバンクの連携強化
    • ・再就業へのステップ3日間研修の実施等

3.普及啓発事業

看護職及び一般市民に看護に関する関心と理解を深めてもらえるよう、看護の魅力や重要性を伝えるための取り組みを行い、看護職をめざす人材を確保する。

  • 1)ナースプラザの情報発信の推進
    • (1)主に求人・求職のための情報発信
      • ・ホームページの運営、メールマガジンの配信
    • (2)事業案内-ポスター、パンフレット・PRカード等の作成・配布
    • (3)新聞折込広告・タウン情報誌・インターネット広告等の活用
  • 2)「看護の魅力」普及啓発の推進
    • (1)情報誌「やっぱり看護が好き」の発行
    • (2)高校生・中学生・社会人の一日看護体験学習の実施(7~8月開催)
    • (3)高校3年生対象とした一日看護体験学習の実施(5月)
    • (4)看護学校進路相談-「看護職をめざすあなたへ」発行
  • 3)ふれあい看護体験の支援
    • 対  象:教育等の一環として企画された団体、学校等
    • 開催期日:平成29年5月
  • 4)「看護フェスタ」の開催-「看護週間」における行事
    • 日 時:平成29年5月13(土)12:00~16:00
    • 場 所:新宿駅西口広場
    • 内 容:フレイル予防
      多職種チームによる健康チェック、健康相談、介護相談、栄養相談、薬相談、歯の健康相談、就業相談、進路相談、ミニ講座、看護関連情報、訪問看護の紹介等    
      *参加者へ記念グッズ配布

4.在宅ケアの推進と支援に関する事業〔定款第4条(4)]

地域における在宅ケアの推進および支援事業

地域住民が住み慣れた地域で安心して生活できるように、在宅・介護福祉施設等の看護の機能を強化するとともに地域の関係機関との連携を図り、在宅ケアを推進する。

1.地域包括ケアシステム構築の推進

医療・介護連携、多職種連携の推進と訪問看護や高齢者ケア施設の看護の充実を図るため、それらに携わる看護職の資質向上のための研修やネットワークづくりを支援する。また、他の関連団体との連携を図り、地域包括ケアシステム構築に向けた情報を提供するとともに在宅ケアの充実のための支援を行う。

  • 1)在宅ケアの充実に向けた看護連携の推進
    • (1)訪問看護師の育成と在宅ケアの充実にむけた支援
      • ア 訪問看護師の養成研修、リーダー研修、実習指導者研修、訪問看護e-ラーニングを活用した教育支援
      • イ 医療機関看護職に向けて、在宅療養支援の実際、訪問看護・居宅介護に関する情報の提供
      • ウ 訪問看護人材確保事業(東京都委託事業)
        • ・訪問看護フェスティバル(再掲)
        • ・情報提供のためのリーフレット、グッズ等の作成・配布
    •       エ 新任訪問看護師就労応援事業(東京都受託事業)
               ・事業実施事業者募集
    •            ・新人育成のための情報提供
    • (2)東京訪問看護ステーション協議会との連携
      • ア 訪問看護に関する課題の共有と共催事業の実施
        • ・訪問看護ステーション協議会との連携会議
        • ・研修会や訪問看護に関するイベント等の共催
          精神科訪問看護算定要件研修
           開催期日:平成29年5月28日、6月3~4日の3日間
           場  所:東京都看護協会
    • (3)高齢者・福祉関連施設の看護の充実とネットワークづくり
      • ア 高齢者施設、介護福祉関連施設の看護職に必要な研修会
        • ・高齢者ケア、高齢者の看取り、現場に活かすコミュニケーションなど
      • イ 交流会・研修会等を通し、ネットワークづくりを推進する
            高齢者ケア施設の看護管理者交流会
             開催期日:平成29年 11月予定
  • 2)地域包括ケアシステム構築推進に向けた情報提供および多職種連携・協働
    • (1)医療機関から在宅療養へのスムーズな移行支援
      • ア 医療機関と在宅・福祉関連施設のネットワークづくり
      • イ 東京都在宅療養支援員養成研修(東京都委託事業)
         在宅医療コーディネーター養成研修
         開催期日:平成30年1月23日~2月22日(内7日間)
         在宅医療コーディネーターフォローアップ研修
         開催期日:平成29年9月8日
      • ウ 東京都退院支援強化研修(東京都受託事業)
         (東京都在宅療養移行体制強化事業実施要綱に基づく研修)
          開催期日:第1回 平成29年7月3日~8月24日(内7日間)
               第2回 平成29年10月3日~11月27日(内7日間)
    • (2)地区支部との連携と看護職の活動支援
      東部地区-「チーム江戸川区」および第6医療圏情報交換会
      南部地区‐看護連携交流会
    • (3)東京都や関連団体・日本訪問看護財団、全国訪問看護事業協会等との連携

2.訪問看護・居宅介護支援事業等

公益社団法人の訪問看護事業として、専門性を活かし医療依存度の高い人や、管理の難しい器具等を利用している人、新興感染症に罹患した人など、対応困難として依頼された利用者を受け入れるとともに、地域連携を推進する。また、看護学生や看護体験者の実習を受け入れ、看護職および訪問看護師の育成を支援する。

  • 1)千駄木、城北訪問看護ステーションの運営
    • (1)訪問看護事業
    • (2)居宅介護支援事業
    • (3)居宅療養管理指導事業
    • (4)関連機関との情報交換と連携強化
      訪問看護サービス事業者、訪問看護ステーション、病院・介護施設、地域包括ケアセンター、行政等
    • (5)看護学生及び看護職研修生の受け入れ
      • ア 看護学生(3年課程・4年課程)
      • イ 訪問看護師育成研修受講生
      • ウ その他
  • 2)協会立訪問看護ステーションのあり方の検討
    社会・地域のニーズを把握するとともに地域連携を推進し、より地域に根ざした訪問看護ステーション活動の充実に向け体制を整備し、対応策を検討する。

5.地域住民の保健福祉に関する事業〔定款第4条(5)〕

子どもの健全な育成への支援および地域住民の健康維持・増進の普及啓発を図るための取り組みを行う。

1.地域住民の健康支援に関する事業

  • 1)次世代育成支援活動
    • (1)「両親学級」
      • 対 象:妊娠中の妊婦と配偶者 毎回25組
      • 開催日:毎月第2・第4土曜日13:00~15:00
      • 内 容:妊娠分娩の経過と過ごし方、育児支援
    • (2)「すくすくフェスタ」
      • 対 象:両親学級受講の親子
      • 内 容:育児相談、栄養相談、ベビーマッサージ、遊ばせ方等 年1回
    • (3)出前授業(命の大切さ、職場における母性保護など)学校、企業等へ出張
  • 2)地域住民健康支援活動
    • (1)まちの保健室・老人月間活動(活動日は各地区で決定)
      健康チェックや情報提供による地域住民の健康意識の啓発活動
      • ア 地区支部による「まちの保健室」開催推進
        • 会場:学校、区市町村公共施設、駅等
        • 内容:健康チェック、健康・介護相談等
      • イ 他関係団体への協力
        • 会場:神楽坂町内会、牛込消防署など
        • 内容:健康チェック、健康・介護相談等
    • (2)東京都及び関係団体と協働による健康支援
      • ア 看護フェスタ(再掲)
      • イ 受動喫煙防止 卒煙サポーター研修
      • ウ 東京マラソン救護活動支援(救護スタッフ派遣)
         開催期日:平成30年2月25日(日)予定
      • エ 卓球で日本を元気にする会
         ・ミニイベント開催‐年2回程度
         ・研修生等への普及啓発
    • (3)感染症予防対策事業
      • ア 感染症予防に関する情報提供および啓発活動
           ・新型インフルエンザ等、新興・再興感染症発生時の対応(情報提供や相談対応)
      • イ 性感染症予防対策
           ・エイズ対策と一体化した性感染症予防対策活動の推進
            性感染症予防教育(出前授業・公開講座など)
      • ウ 東京都エイズ・ピア・エデュケーション事業
            エイズの正しい知識ならびに予防行動の普及啓発を図るための支援
            ・エイズ・ピア・エデュケーター養成研修
  • 3)健康に関する啓発事業
    都民公開講座の開催(看護師職能I.II合同開催)
    • 開催期日:平成30年2月頃 予定
  • 4)ふれあい看護体験等の支援(再掲)
    企業・学校等の教育の一環としての体験を支援

2.災害時の看護支援活動に関する事業

災害発生時においても住民ができるだけ健康を維持できるよう、必要な支援が可能となる看護支援体制を整備する。

  • 1)災害支援ナースの育成と支援活動
    • (1)災害支援ナースの登録推進
      災害支援ナース登録養成研修
      第1回目 平成29年6月30日、第2回目 平成29年11月24日
    • (2)災害支援活動に必要な知識・技術教育(再更新)
      ア 災害支援ナース更新研修Ⅰ
        第1回目 平成29年7月28日、第2回目 平成30年1月26日
      イ 災害支援ナース更新研修Ⅱ
        第1回目 平成29年8月30日、第2回目 平成29年12月22日
      ウ 災害支援ナース更新研修Ⅲ
        平成29年10月20日
    • (3)災害発生時の支援活動
      ア 日本看護協会及び他県との連携・対策等の情報交換
      イ 災害支援ナース派遣
      ウ 災害支援派遣後のフォローアップ交流会
  • 2)災害発生時に備えての体制・環境整備
    • (1)東京都および他の関連機関とのネットワーク体制の整備
      二次保健医療圏単位の地域災害医療体制・支援体制整備への参画、区市町村医療救護活動の周知
    • (2)災害発生時対応シミュレーション・訓練の実施
      日本看護協会主催災害支援ナース派遣調整合同訓練参加
      実施時期:平成29年11月7日~9日
    • (3)災害時会員施設支援のため、施設における看護師確保体制などの基礎調査
    • (4)近隣への支援体制の構築

6.その他この法人の目的を達成するために必要な事業〔定款第4条(6)〕

1.組織強化

専門職能団体として公益事業を展開するために看護職の入会を促進する。また、事業運営に必要な会議の開催や行政機関および関連団体等の活動に協力するとともに、当協会が実施する公益活動への協力を要請し、当協会の目的達成を図る。

  • 1)会員拡大(前年度に比し750人増を目指す)
    • (1)新人看護師に対する加入推進
      看護管理者及び教育責任者への呼びかけ
    • (2)就業場所別看護職のニーズ把握と情報提供
    • (3)未加入者施設への加入促進
      • ・協会活動のPR・施設訪問
    • (4)看護学生への協会活動のPR
      • ・看護学生看護研究学会でPRを行う
      • ・入学式、卒業式祝電
      • ・卒業前学生への情報提供と入会の勧め
      • ・広報紙の配布
  • 2)会員サービスの充実
        (1)会員施設へのタイムリーな情報提供
        (2)会員への福利厚生の充実(※共益事業)
           ア 会員の慶弔・災害等の見舞い
           イ 国・都・看護協会等の各賞の受賞候補者推薦と表彰
           ウ 各種会員割引や会員特典サービスの情報提供
  • 3)会員情報管理の効率化
        (1)会員情報登録・管理システムの適正運用・改善
        (2)入会・継続手続きの変更の周知

【配布資料】

  • *ガイダンス:Tokyo Nursing Association
  • *看護職賠償責任保険制度
  • *研修行事等関係資料のお知らせ

2.円滑な組織運営

  • 1)組織運営のための諸会議開催と連携
    • (1)総会 年1回
      開催期日:平成29年6月22日(木)
      会  場:日本教育会館
    • (2)理事会 年6回以上
    • (3)常任理事会
    • (4)職能委員会
    • (5)他の委員会
  • 2)地区支部との連携強化
    • (1)地区理事連絡会議による情報交換、活動支援
    • (2)保健・医療における効果的な地区活動の推進
      二次保健医療圏との連携を図り、地域包括ケアの推進や災害時の地域における連携体制や支援活動について情報共有を図り効果的な地区活動を推進する。
  • 3)協会内部の効率的な組織体制の整備
    • (1)組織内部の仕組みづくりや諸規程等の見直し整備
    • (2)内部職員の能力を高める研修の実施
    • (3)外部研修参加の推進
  • 4)防災対策の整備
    発災時に備えて、協会内の環境整備をはかり、会館利用者ならびに職員の安全を確保する
    • (1)防災マニュアル、消防計画の策定、周知および訓練の実施
      消防訓練 年2回実施
      第1回目 平成29年4月12日(水)
      第2回目 9~10月予定
    • (2)協会内の防災設備および防災物品の整備
    • (3)食料・水等の備蓄(発災から72時間分確保)
    • (4)災害支援ナース派遣に備えての物品等の点検・整備
    • 5)感染防止対策の整備
    • 新型インフルエンザ等の発生に備えて、本会の業務計画を周知するとともに感染防止対策用防護具等の整備を行う。
      (1)新型インフルエンザ等対策業務計画の周知、体制整備

3.事実実績集の作成

  • 1)一年間の事業実績のまとめ
    • (1)教育研修実績集の作成
    • (2)総会要綱-事業概要報告書

4.関連機関との連携と政策提言に関する事業

  • 1)公益社団法人日本看護協会との連携
    • (1)日本看護協会諸会議への参加
    • (2)看護職のための各種事業等への協力・支援
      ア 日本看護サミット2017  平成29年6月6日(火) 千葉幕張メッセ
        テーマ:地域包括ケア時代の看護基礎教育
      イ 日本看護協会通常総会  平成29年6月7日(水) 幕張メッセ
            職能交流集会  平成29年6月8日(木)  幕張メッセ
      ウ 都道府県看護協会地区役員等の研修会の開催
        開催期日:平成29年10月24日(火)13:00~16:30
        場  所:日本看護協会JNAホール際
  • 2)関東甲信越地区別法人会員会・職能委員長会及び事務担当者会の開催
        主催は日本看護協会、東京都看護協会は当番県として運営に協力
          ア 地区別法人会員会(1日目)・職能委員長会(2日目)
            開催期日:平成29年10月23日(月)~24日(火)
            場  所:市ヶ谷アルカディア
          イ 地区別事務担当者会(日程調整中)
  • 3)他団体等関連機関との情報交換と連携
        (1)政策執行機関への要望書の提出
        (2)東京都及び関連団体の役員・委員としての参画
        (3)外部団体からの共催、後援依頼等に関する事項への対応
        (4)行政機関その他関係機関等の担当者等との情報共有の促進

5.施設の貸与事業

看護に関する専門的教育及び学術の振興ならびに地域社会への貢献を図る事を目的に実施するものについて施設の貸与を行う。

  • 1)看護に関連する研修等の開催の支援活動

6.会館建替え

pagetop