第100回 2018年10月22日 「エイズ・ピア・エデュケーター」の活動紹介

 皆様、こんにちは。本日は、東京都受託事業「東京都エイズ・ピア・エデュケーション」(略してAPE)についてご紹介いたします。

 APEの事業内容等は過去の記事をご参照頂くこととし、(第36回 2017年7月31日 記事)今回はAPE実施の流れやご協力いただいている「エイズ・ピア・エデュケーター」の具体的な活動内容について見ていきたいと思います。

○ 実施が決定したら・・・
APEは都内の学校から依頼を受けて、年10回程度実施しています。実施校が決定すると、事務局から登録されている「エイズ・ピア・エデュケーター」の皆様へご協力依頼メールをお送りします。ご協力いただける皆様からご返信を頂き、実施者が決定となります。

○ 事前リハーサル・・・
本番の約一週間前に当協会でリハーサルを行います。役割を決め、チームみんなで実際の研修を想定しながら流れを確認していきます。初めての活動という方でも、この場で疑問や不安な事は先輩達に何でも相談できるので安心です。

○ APE実施当日・・・
学校で生徒(オーディエンス)の前でAPEを実施します。緊張することもあるかもしれませんが、生徒の皆さんは真剣に話を聞いてくれるのでやりがいを感じられると思います。APE実施後は振り返りをして終了です。

 その後、APEチーム全員でご飯を食べて解散となります。

 お疲れ様でした!

 実施はだいたい半日コースが多いですが、時には船で離島の学校まで出かけ一日かけて行うこともあります!

 ご興味のある方は是非お問い合わせください。正しいHIV/エイズの知識を「エイズ・ピア・エデュケーター」として一緒に広めていっていただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

(APE事業紹介HP)

事業部事業第一係 石澤
No100_01.png No100_02.png

pagetop