第50回 2017年11月6日 『お困りの場合はケアマネージャーのご利用を!』

こんにちは、この四月に千駄木訪問看護ステーションへ入職しました平澤可愛です。
訪問看護ステーションに併設されている居宅介護支援事業所に勤務しております。

皆さま、ケアマネージャーという職業をご存知でしょうか?多くの方は、実際にお身内に介護が必要になった時、その存在を知るのではないでしょうか。
ひとことで言えば、「介護保険サービスを利用する際の調整係」です。しかし、その業務は単なる書類の作成や、連絡調整の枠には収まりません。利用者さんお一人おひとりが抱えている問題や病気は様々であり、そのうえ、その方の生活に合わせて、環境を整えねばなりません。
ケアマネージャーひとりで得られる情報は少なく、それぞれの専門職が双方で連携し、利用者さんの生活を支える立場にあります。居宅介護支援事業所と訪問看護ステーションがひとつの事業所内にあるという利点は、そこにあると思います。
看護師の視点を取り入れつつ、ケアプランを作成できることは、より一層利用者さんの立場に寄り添うことができると感じております

日々の暮らしにお困りの場合や、病院からご自宅に戻り、住み慣れた環境で日常生活を送る際には、ぜひとも私達ケアマネージャーをご活用ください。

自分らしい暮らしをできるだけ長く続けることができるよう、全力を尽くし、お手伝いさせていただきたいと思います。

 

                平成29年11月6日

                   千駄木訪問看護ステーション
平澤 可愛

pagetop