第33回 2017年7月10日 『働き続けよういつまでも・・・』

東京都看護協会では、昨年度から東京都より委託された「看護職員セカンドキャリア支援事業」を実施しています。定年退職を控えた看護職が次のキャリアを考える機会として講習会や施設説明会、ハンドブックの作成等をしています。ハンドブックは今年度末までには完成する予定ですが、講習会や施設説明会はその前に4~5回ほど実施予定です。

 そこで、看護職のみなさまご自分の人生設計はすでに固まりましたか?これまで夜勤も含めて働き続けてきた方は、定年後はゆっくりしたいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。もちろん、趣味や海外旅行などこれまでできなかったことに没頭することも良いでしょう。しかし、先輩の話によるとそのような生活は2~3ヶ月で何か物足りなくなってくるようですよ。

 趣味やボランティアも一生懸命行い、なおかつ資格を活かして社会貢献できるなんて看護職としての醍醐味ですね。
そんなセカンドライフの働き方ができる職場の説明会が秋以降開催予定ですので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?看護職が活躍できる場所はたくさんありますよ!

                          

常務理事 黒田美喜子

pagetop