第31回 2017年6月26日 平成29年度公益社団法人東京都看護協会通常総会開催される

平成29年度東京都看護協会通常総会が6月22日日本教育会館の一ツ橋ホールで開催され、代議員223名を含む372名の方が出席しました。

開会の挨拶では、山元会長から今年度の重点目標4点【1.地域包括ケアの推進、2.看護の資質の向上、3.看護職の確保定着、4.看護職のネットワーク強化】について提案があり、さらに新規の取り組みとして東京オリンピック・パラリンピック2020を見据えた外語研修、海外学会発表助成金制度、新会館建築開始、訪問看護の拡充に向けた研修の充実など、看護のグローバル化に向けた取り組みを進めていることの話がありました。

議事では活発な意見交換があり、多数の貴重な現場の声が寄せられ、今後の協会運営に活かして行きたいと思います。

閉会後には、川原尚行氏による『スーダンに「医」を届ける~日本初国際医療NGOの挑戦~』というテーマで特別講演が開催されました(写真)。医療を広い意味でとらえ、井戸を掘ったり学校を作ったりインフラ整備にも取り組み、「目の前にある問題が一つずつ解決されて今と未来の医療に繋がる」という川原氏(NGOロシナンテス)の『医』の活動に感激しました。

多くの皆様のご支援とご協力で平成29年度通常総会を終えることができました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(文責:専務理事 渡辺千香子)

 

roshinante.png

pagetop