第28回 2017年6月5日 『「自分を知ること」が一番難しい』

東京都ナースプラザ ナースバンク東京・立川は、看護の人材探し(求人)とお仕事探し(求職)の支援を行っている無料職業紹介事業所です。
私たちは、ハローワークや就職イベントなど、ナースバンクの外でも就業や看護の資格取得に関する相談をお受けしています。
相談の中で感じることは「自分自身を理解することが一番難しい」ということです。
お仕事探しや進路決定には、施設の概要や業務内容を理解すること以上に、自分自身を理解することが大切になります。自己理解がなくてはミスマッチが起こり、就労の継続が難しくなってしまうのです。
「自分に合う職場が見つからない」「今の職場は自分に合わない」と感じていらっしゃる方は、自己理解に立ち戻ってみてはいかがでしょうか。
自分は何をしてきて何ができるのか、何なら頑張れるのか、周囲の人からどう受け止められているのか、なぜそう思われているのか等々…つまり「現在地の確認」です。
目的地を目指すとき、私たちはまず現在地を確認するところから始めますよね。
「自分」の中には「自分自身は気づいていないが他人は気づいている部分」が誰にでもあると言われます。
ナースバンクでの相談の中で自己理解を深め、自分にマッチした仕事に出会ってほしい。そんな思いで私たちは相談をお受けしています。
また、ナースバンクは、お仕事探しだけでなく、お仕事の継続に悩んだ時も相談をお受けしています。悩んだとき、うまくいかないときは「立ち止まって現在地を確認しましょう」とお伝えしつつも、自己理解の難しさを日々感じている私たちです。


東京都ナースプラザ バンク係長  武藤 正子

神楽坂ウィークリー6月5日号.jpg

pagetop