第25回 2017年4月10日 『「とどけるん」への登録はお済みですか』

「とどけるん」への登録はお済みですか
東京都ナースプラザ 所長 大田 敦子


4月、東京都ナースプラザでは4名の新規採用職員を迎え、総勢42名のベテラン職員で今年度も看護職員の「確保・定着」事業に取り組んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
さて、この春に退職された看護職の皆さん、「とどけるん」への登録はお済みですか?平成27年10月から、離職時等にナースセンターへ届け出ていただく制度が始まっています。
この制度は、病院などを退職して新たな職場で働き始めた方や、保助看法で定められた業務以外で働いている看護職、現在看護職として働いていない方等が届出の対象となります。
現在就業していない看護職のみなさんには状況に応じて研修会や交流会のご案内を、復職希望の方には無料職業紹介や復職支援研修等の情報提供や支援を行い、看護職として働く仲間を増やしていくためのものでもあります。
平成29年3月末現在、東京都内では3,583名の方々に登録していただきました。
登録された方の状況は、看護職として就業中(予定を含む)が3割、求職中が3割と6割の方々が再就職をしています。また、2割の方がいったんお仕事から離れています。
都内は急激なスピードで超高齢社会を迎えようとしています。「とどけるん」に登録して、看護職としてもう一度働いてみませんか? 
届出サイト「とどけるん」https://todokerun.nurse-center.net/todokerun/

そして、東京都ナースプラザはこれから看護職を目指す方々への啓発活動も実施しています。平成29年度も高校3年生を対象に「看護一日体験学習」を開催します。皆さんのお知り合いに、看護の仕事に興味がある高校3年生の方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介いただき、看護職の輪をさらに広げていきましょう。

神楽坂ウィークリー4月10日号.jpg

pagetop