第20回 2017年2月27日 『東京都看護協会で「卓球」ができるんです!!』

いつもこのコラムを楽しみにしてくださっている皆様、今週は東京都看護協会の卓球部についてご紹介いたします。

2015年3月に「一般社団法人卓球で日本を元気にする会」(東京都看護協会共催)が発足いたしました。
当協会では、主に長期研修受講者(臨床実習指導者研修・認定看護管理者教育課程)を対象に「東京都看護協会で卓球ができます!」と、昼休憩と研修終了後の時間を利用して卓球に興じていただいています。
目でボールを追って動きを予測し、どのように打ち返すか頭を使う卓球は、脳を活性化します。また、1時間行うと約250㎉消費するともいわれているので、スレンダーボディを望まれる方にも有効です。
当協会卓球部は「ブレイクイベント」として株式会社スヴェンソン タクティブ自由ヶ丘の“イケメンインストラクター”にご協力いただき、看護職の皆様に卓球を普及するべく定期的にイベントを開催しています。
2017年12月に行われた第3回ブレイクイベントでは研修受講者の皆様だけでなく、山元会長はじめ、理事会役員も参加し、歓声をあげ、汗をかきながら、ラリー合戦・全員ラリーを楽しみました。

“卓球でこころもからだも健康に!” 

事業部事業係(卓球部副部長) 菊地

 

①神楽坂ウィークリー2月27日号.jpg ②神楽坂ウィークリー2月27日号.jpg

第3回ブレイクイベント  「1台で全員ラリー」 何回続けられるか ハラハラ・ドキドキ・・

pagetop