第5回 常務理事 廣岡幹子 (2016年10月17日)

熊本地震からすでに半年がたちましたが、その後、大雨や、阿蘇山の噴火など、まだまだご苦労されている情報にふれるにつけ、いたたまれない気持ちでいっぱいです。
 被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。
今回は、担当しております災害支援についてのご紹介、訓練等へのご参加のお願い、地域で進められている体制づくりなどのお知らせをいたします。
 
≪東京都看護協会災害支援ナースについて≫
東京都看護協会では、平成21年度から災害支援ナースの育成を始め、平成28年9月末まで、507人が登録をしてくださっています。災害で支援が必要な場合、この方々と調整をしながら、派遣活動をしております。東日本大震災、関東・東北豪雨、熊本地震などで、ご協力をいただきました災害支援ナース及び施設の方々に心からお礼申し上げます。災害支援ナース登録をご希望の方は、こちら をご確認ください。

廣岡1.png  廣岡2.png
    熊本支援出発(羽田空港)     (災害支援ナース持参物品)

≪災害支援ナース派遣調整訓練への参加のお願い≫
 いつ、どこで災害が起きるかわかりませんが、今年も11月末に日本看護協会と都道府県看護協会が連携で、災害時派遣調整訓練を行います。
 東京都看護協会では、新しくできました「インターネットを活用した災害支援システム」を使っての調整訓練を行います。詳細は、11月初めに、災害支援ナース及び所属施設のご担当の皆様に訓練参加のご依頼をいたしますので、ご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。
 災害支援ナースの派遣調整のシステム利用は、会員マイページ、施設マイページから行います。システム利用のマニュアルは、(会員マイページマニュアル)(施設マイページマニュアル)からご確認ください。

廣岡3.png  廣岡4.png
発災時の協力可能日程入力のお願い   会員マイページで出動予定の確認

≪東京都で進められている災害時医療救護対策≫
 さて、東京都では直下型地震を始め、都内で発災したときのための災害対策が進められていますが、災害初期の医療救護所や避難所などの看護師の確保が課題となっています。いくつかの区市町村では、災害時に近くの救護所や避難所 で活動するボランティアを募集しています。お近くで、協力可能なかたがいらっしゃいましたらぜひご登録ください。
 募集の有無につきましては、区市町村のホームページや広報などをご確認ください。

廣岡5.png
 東京防災(冊子)

東京都の各戸には配布された冊子です。
災害対策のノウハウが記載されています。都庁の書籍を販売や、書店などでも販売されています。ぜひ参考にさせていただきましょう

あってはならない災害ですが、いつでも対応できる準備をそれぞれが心がけましょう。

常務理事 廣岡幹子

pagetop